【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

開業10周年−JR日向市駅

本紙掲載日:2016-11-26
1面
優秀作に選ばれた財光寺南小5年の沼口悠誠さんの絵画
10周年を記念しデザインされたヘッドマーク

11月27日、記念式典、一日駅長など関連イベントも

◆記念ヘッドマーク列車−上下4便運行

 新駅舎が開業して今年で10周年を迎えるJR日向市駅の記念行事が、11月27日に駅前交流広場などで開かれる。記念ヘッドマークを付けた「サンシャイン号」が延岡駅―宮崎空港駅間を運行するほか、来場者には木製の記念切符を無料プレゼント(数に限りあり)。主催する中心市街地10周年イベント実行委員会は多くの来場を呼び掛けている。小雨決行。

 記念ヘッドマークのデザインは全国から募り、市によると263件の応募があった。最優秀は京都市の居関孝男さんの作品。新駅舎に耳川流域のスギが使われていることから、デザイン中央の「10th」の「0」を年輪で表現し、下部にひょっとこを描き日向らしさを表したという。

 ヘッドマークの付いたサンシャイン号は、この日限定で上下4便運行する。延岡駅発(午前8時28分)―宮崎空港駅着(10時14分)、宮崎空港駅発(10時36分)―延岡駅着(午後0時29分)、延岡駅発(1時22分)―南宮崎駅着(3時14分)、宮崎空港駅発(7時3分発)―延岡駅着(9時11分)。

 当日は午前10時から記念式典。駅舎と同じ10歳の川野心花さん(日知屋東小4年)が一日駅長を務めることになっており、任命式がある。また、実行委は事前に「日向市駅を含めた未来の中心市街地」をテーマに絵画作品を市内の子どもたちから募集しており、優秀作に選んだ沼口悠誠さん(財光寺南小5年)の表彰も行われる。

 同30分からステージイベント。餅まき、吹奏楽や和太鼓の演奏、書道パフォーマンス、ダンスなど内容盛りだくさん。会場ではフリーマーケット、日向高の生徒によるモザイクアート、日向工高の生徒と地元商店街が作製した鉄道模型(Nゲージ)の展示、日向入郷地域の物産販売などがある。

 このほか、旧日向市駅とSL国鉄時代の制服などを展示。人気の駅弁コーナーもあり、鳥取駅「かにづくし弁当」、仙台駅「網焼き牛たん弁当」、敦賀駅「越前いかめし弁当」を100食ずつ販売する。

 新駅舎は、日向地区連続立体交差事業に伴い、平成18年12月に開業。地元のスギ材活用や都市景観に配慮した構造は高い評価を受け、平成20年に第10回ブルネル賞、23年に都市景観大賞「景観教育・普及啓発部門」国土交通大臣賞など受賞している。

 記念行事に関する問い合わせは日向市市街地整備課内の実行委事務局(電話日向52・2111)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top