【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

観光大使に西郷、松田さん−延岡観光協会

本紙掲載日:2016-11-21
1面
西郷隆夫さん
松田丈志さん
鈴木登志弘さん

インバウンド特命大使に鈴木さん

 延岡観光協会(谷平興二代表理事)は16日、西郷隆盛公のひ孫で鹿児島市在住の西郷隆夫さん(52)と、延岡市出身のリオ五輪競泳銅メダリスト松田丈志さん(32)=東京都在住=の2人に「のべおか観光大使」を、近畿日本ツーリスト九州営業推進課長の鈴木登志弘さん(48)=福岡市在住=に「のべおかインバウンド観光特命大使」を委嘱した。

 観光大使は松田さんで10人目。特命大使は、観光大使の中でも目的を特化したもので3人目。

 委嘱式は同市中小企業振興センターであり、谷平代表理事が、隆夫さんと鈴木さんに委嘱状と盾を手渡し「延岡の魅力を国内外に広くPRしていただきたい。この盾を机に置いて、延岡のことをいつも思ってください」と呼び掛けた。松田さんは出席できなかったが、支援者の上田耕市・同協会常務理事が代理で受け取った。

 隆夫さんは隆盛公と妻イトさんの間に生まれた嫡男寅太郎さんの七男隆正さんの子。株式会社ナンシュウ代表取締役。隆盛像の横に立つビルでカフェを営みながら歴史ガイド、講演活動などをしている。今年は延岡市の1市3町合併10周年記念や市民大学60周年記念講座で講演した。

 「父から常々延岡のことを忘れるなと聞いて育った」という隆夫さんは「(観光大使に就任して)父の思いが50年ぶりにかなったような気がしてホッとしている」といい、延岡については「真善美のそろった町で、すごく癒やされる。私は日本全国回っているが、こんな都市はそう多くない」と褒める。

 再来年のNHK大河ドラマが「西郷どん(せごどん)」に決まり、隆盛公が再び脚光を浴びると予想されることから「西南戦争では熊本の田原坂や鹿児島市内を取り上げることが多いが、延岡・俵野は薩軍を解散した場所であり、西郷さんにとって心の終焉(しゅうえん)の地だった。私は鹿児島市内だけでなく、延岡・俵野をどんどんPRしたい」と抱負を述べた。

 一方、鈴木さんは横浜市出身だが、平成7年から21年以上宮崎市に住んだ。同25年の東京ガールズコレクション(TGC)を最初に、延岡市で開かれた各種イベントに関わり、誘客実績が豊富。今年10月からは本社でインバウンド・地域誘客事業を担当している。

 「TGCで延岡の皆さんの観光に対する熱い思いに触れて、私も延岡のために頑張りたいと思った。行政の方でも力を入れている『食』を中心に誘客したい。『西郷どん』に関しては、鹿児島との連携を既に進めており、延岡にもドラマ館のサブ的なものを造れないかと夢見ている」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top