【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

つまようじアート、16万2千本で制作−門川高

本紙掲載日:2016-11-09
3面
創立100周年を記念して生徒全員で制作したつまようじアート

創立100周年−19日の式典でお披露目

 門川町の門川高校(川越寛校長)の全校生徒427人はこのほど、創立100周年を記念して制作に取り組んだ「つまようじアート」を完成させた。乙島、カンムリウミスズメ、尾末神社大祭のだんじりなど同町の風景を、色付けしたつまようじ16万2千本で描いた大作。「ここに描かれている風景のように、これからも地域に愛される高校でありたい」との思いを込めた。19日に開かれる記念式典でお披露目される。

 生徒会(14人)と、各クラスの代表生徒でつくる100周年記念実行委員会(26人)を中心に8月から制作を開始。その道のりは試行錯誤の連続だった。生徒たちと共に奮闘してきた担当の長野美希教諭は「本当に不安だった」と振り返る。

 まずは、つまようじの黒くなっている頭を機械で削り取り、そこから、塗料の種類や色付けの手法を変えながら、原画を基に、必要な色と数のつまようじを準備した。色付けしたつまようじは、予備を含めて20万本に達した。

 実際に差し込む作業は、下絵を分割し、各クラスで手分けして取り組んだ。「全員参加」を合言葉に、方眼紙を貼り付けた土台の発泡スチロールに「最低でも1人1本」、正確に差し込んでいった。

 最後に、各クラスから持ち寄った土台のパーツを組み合わせて額装し、縦155センチ、横230センチの大作を完成させた。

 出来上がった大作を見て、生徒会役員の西村功平君(3年)は「すごい。ちゃんと絵になってる」と驚きの表情。100周年記念実行委員長の廣嶋直人君(3年)は「最初から最後まで大変だったけど、今は感動しかありません」と笑顔だった。

その他の記事/過去の記事
page-top