【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

営農ビジョンを策定へ−JA延岡振興大会

本紙掲載日:2016-11-01
1面
JA延岡営農振興大会であいさつする白坂組合長

支援体制、販売力を強化

 JA延岡(白坂幸則組合長)はこのほど、延岡市川原崎町の本店3階大ホールで平成28年度営農振興大会を開き、年内をめどに「地域営農振興ビジョン」を策定することなどを決めた。生産者や関係機関、行政の各担当者ら約80人が出席した。

 同ビジョンは同29年度から同38年度までの10カ年計画。営農支援体制と販売力を強化し、農家所得の向上を図るとともに、持続可能な農業と豊かで暮らしやすい地域社会の実現を目指す。社会経済情勢の変化や多様化する組合員のニーズに対応するため3年をめどに改定する。

  同JA管内の農家戸数は平成7年からの20年間で1508戸が減少。耕作面積は水田479ヘクタールの減、畑250ヘクタールの減、果樹園71ヘクタールの減と全体で800ヘクタール減っている。年齢別の就業人口では60歳以上の占める割合が83%と、若年層の割合が極端に低い。

  同ビジョンは厳しい状況を打破するための起爆剤で、基本目標は「活力ある農業・魅力ある産地の構築」。生産基盤の構築、生産体制の構築、販売戦略の構築を3本柱に、具体的な実施施策を練る。

  同JAの白坂組合長は「県内の農業産出額は約3300億円。うち、延岡市は約52億円で、県内第3都市としては寂しい限り。人口12万4000人都市にふさわしい産出額を実現するため、年内の策定を目指したい。具体的な数値目標を掲げ、スピード感を持って取り組んでいく」と意欲的に話した。

 大会終了後には研修会を開き、JA宮崎中央会営農対策部の三田井研一部長を講師に迎え、「一致団結、地域農業の未来づくり」をテーマにした話を聞いて見識を深めた。

その他の記事/過去の記事
page-top