【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

賞の人(13)−眇絞孤彿拔会(日向市東郷町)

本紙掲載日:2016-10-31
3面
第3回眇絞孤廚鮗鼎峪軋膕颪良従桓亜丙鯒11月)

第43回夕刊デイリー明るい社会賞

◆学ぶほどに偉大さを知る

 「地元の人が知らんじゃいかん」。生誕100年を迎えた平成23年1月の2カ月後、町内の全区長公民館長を中心に設立した。当時、詩人としての眇絞孤廖陛豢芯出身)を知る町民は、ほんの一握り。というのも、文夫は生前、詩人であることや中原中也との親交について、周囲に語ることは一切なく、地元での認識は元教育長、元町長であり、詩人といっても「校歌を作詞した人」程度だったという。

 同町の総務課長として町長だった文夫と4年間一緒に働いたことのある小林理教会長(84)は「職場でそれらしきことを尋ねても決して乗ってこなかった。家族の話によると、偉い人から届いた手紙も、自分で読んだらそのまま状差しにポン。ぶっきらぼうで目立つことを嫌う人だった」と語る。

 そのため「まずは知ることから始めよう」と、顕彰会ではなく、あえて勉強会とし、文夫を知る詩人らを講師とした勉強会や会報「舷灯(げんとう)」の発行、市内の小学生から作品を募る詩大会など、その魅力の掘り起こしに取り組んでいる。

 学ぶほどに、詩人としての偉大さ、文学的な奥深さを知る中、同会は今、ある〃眇絞孤廛蹈泪鵝靴棒鼎に沸き立っている。あの有名な歌「知床旅情」の作詞を手掛けたのは、実は文夫では−−との説である。

 作詞作曲者とされる森繁久彌との接点、当時ささやかれていた地元のうわさ、生前直接尋ねてみた際の文夫の表情など、信ぴょう性は高まるばかり。

「ただ、あくまでもロマン。希望として受け止め、町民に伝えていきたい」。夢は顕彰会への発展と詩碑の建設だ。

(推薦者=東村市・日向市文化連盟顧問、鈴野淺夫・東郷町まちづくり協議会会長、三浦元生・同市教育委員会文化生涯学習課長)

その他の記事/過去の記事
page-top