【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

博多の街に“星の子”集う

本紙掲載日:2016-10-27
8面

延岡西高同窓会第6回福岡星遊会

◆1〜37回生まで約60人

 延岡西高校同窓会福岡支部(鈴木康文支部長)の第6回福岡星遊会が15日夜、福岡市中央区の天神テルラで開かれた。福岡、熊本、佐賀など北部九州在住の1回生から37回生まで約60人の〃星の子〃が集い、ばんば踊りを踊り、懐かしい校歌を斉唱して年に一度の親睦を深めた。

 福岡支部は平成23年11月、関東、東海、宮崎、西臼杵に続き5番目の同窓会支部として発足。6回目を迎える今年は長田浩昭実行委員長(16回卒)、山口秀朗事務局長(9回卒)を中心に準備を進め、今年8月の延岡星遊会の実行委員を務めた33回生や関東、関西、延岡など全国各地の星遊会から、1回生(昭和41年度卒業)5、2回生2、3回生1、7回生6、8回生5、9回生9、10回生4、11回生1、12回生1、13回生5、14回生2、15回生3、16回生6、28回生1、31回生3、32回生2、33回生6、37回生1人が集った。

 山口事務局長が「たくさんの卒業生が集まっていただき感謝します。最後まで楽しんでください」と開会宣言したのに続き、鈴木支部長(8回卒)が、「延岡を離れ、いろいろな業界で活躍されている皆さんが同窓会に参加していただき感謝してます。先輩、後輩、同僚の皆さんと楽しいひとときを過ごし、あすからのエネルギーにしてください」と歓迎。岸上照夫延岡星遊会会長は「今年は西臼杵が久々に同窓会を開き、11月には関東星遊会が開催されます。母校は無くなりましたが、これからも絶えることなく各地で同窓会を続けていきます。協力をよろしく」と来賓あいさつした。

 関西星遊会の矢野雄一さん(8回卒)が「世代は違いますが、同じ空気を感じます。きょうは星の子たちで盛り上がりましょう」と乾杯の音頭。参加者は延岡特産の焼酎や料理に舌鼓を打ちながら和やかに歓談。歌を通して親子愛や家族愛を伝える北九州市在住のシンガー・ソングライター、Nanaeさんのライブショー、今年60歳を迎える10回生、飯山和彦さん(福岡市)ら4人の還暦祝い、学年ごとの紹介などがあり、最後に全員が輪になってばんば踊りを踊り、延岡から参加した1回生の後藤泰さん(前関東支部長)の指揮で、歴史は香る丘の辺に……懐かしい西高校歌を全員で合唱した。

 2次会では延岡直送のアユの塩焼きの振る舞いなどがあり、参加者は「また来年元気で会いましょう」と握手を交わし、名残を惜しみながら散会した。

その他の記事/過去の記事
page-top