【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

FMのべおか−番組審議会

本紙掲載日:2016-10-26
3面

 「FMのべおか」の番組審議会は25日、夕刊デイリー新聞社で開かれ、委員から次のような意見が出た。

 「パーソナリティーの話は、調べたものより自分の体験を基にしたものが説得力がある。のぼりざるフェスタの話をしていた放送を聞いて、自分がボランティアで関わった体験談だったのでよく分かった。全てとはいかないだろうが、ご自分の経験を通したお話をたくさんしてほしい」「先日の台風16号で北川のことが全国放送でもたくさん流れたが『FMのべおか』のパーソナリティーが、熊田とか飛石とかの細かな地名を出して話していたのを聞いて地元放送ならではの説得力があった」「学校の校歌には愛着がある。延岡フィルハーモニーが作った校歌や県教職員互助会が作った廃校の校歌などを放送できないか」「インターネットの意見サイトにも『FMのべおか』に関する意見がいろいろ出ているが、おおむねパーソナリティーに好意的な意見が多いようだ」

 これに対して局側からは「パーソナリティーはできるだけ街に出るようにしており、自分の体験を通した話をしていきたい」「細かな地名が出せるのがコミュニティー放送の醍醐(だいご)味なので、できるだけ地名を出していきたい」「校歌の放送は、演奏の製作者、著作権者、学校の許可などが必要だろうが、放送できるように取り組みたい」「リスナーの多面的なご意見をお聞きして番組に反映していきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top