【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

楽しく親しみやすく−オペラの世界へ

本紙掲載日:2016-10-18
6面
オペラ「トスカ」の一番面を歌う後藤さんと青砲気鵝ピアノは高橋あゆみさん

後藤紀子さん&青冒農欧気

 延岡市在住の声楽家後藤紀子さん(ソプラノ)=熊本県出身=と東京を拠点に活動する青冒農欧気鵝淵謄痢璽襦法疂_県出身=のジョイントリサイタルがこのほど、延岡総合文化センター小ホールであった。地元で活動する芸術家を支援する同センターの「パフォーマ延岡シリーズ」の一環。

 のべおか「第九」演奏会のソプラノソリストをこれまでに4回、地元の「ひむかオペラ」では「カルメン」の主役を務めるなど活躍する後藤さん。

 パフォーマシリーズでは平成20年にソプラノ&メゾソプラノのプログラムを組んだ。「今回はソプラノ&テノールを」と、のべおか「第九」で2回共演経験のある青砲気鵑妨綟さんから申し込んだ。オペラのアリアとデュエット曲、日本歌曲など16曲を、それぞれが曲の解説を交えながら歌い、楽しく親しみやすい演奏会となった。

 ソロ曲では互いに豊かな美声で来場者を魅了。デュエットでは、ヴェルディの歌劇「椿姫」より「乾杯の歌」、プッチーニの歌劇「トスカ」の一場面を華やかに歌い、オペラの世界に来場者を誘った。

 曲の間の言葉のやり取りは「ぶっつけ本番でした」というが、息ぴったり。後半の舞台衣装に赤いドレスを選んだ後藤さんに合わせて、青砲気鵑魯戰好箸肇優タイに眼鏡まで赤でそろえて登場するなど、目でも来場者を楽しませた。

 また、東日本大震災の被災地復興支援ソング「花は咲く」、岩手県の景色が歌われている「イーハトーブの風」を2人で歌い、東北と後藤さんのふるさと熊本の被災地に思いをはせた。

 後藤さんは「今後も皆さんに喜んでもらえる歌を歌えるように勉強していきます」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top