【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

気軽に創業を学ぶ−延岡

本紙掲載日:2016-10-11
3面
机の上にはコーヒー。講師のすぐそばで話が聞けるスタートアップカフェ

今年もスタートアップカフェ

 コーヒーやお茶を飲みながら創業について学ぶ「スタートアップカフェ」の取り組みが今年も始まっている。気軽に参加できるセミナーを開くことで創業希望者の掘り起こしを図るとともに、創業前後の人に人脈づくりの機会を提供しようと、市内の商工団体と金融機関で組織するスタートアップ支援センター(事務局・延岡商工会議所)が昨年から始めた。

 初回は延岡市東本小路の中小企業振興センターであり、今年はこの日を最初に4回開く計画。初回は延岡信用金庫審査部企業支援課の職員で、スタートアップ支援センター相談員でもある瀧口一喜さんが「融資審査と補助金申請のポイント」と題して話した。市内から7人が受講した。

 瀧口さんは、同信金で融資の審査がどのような手順で行われているかや、補助金に応募するために重要なポイントを説明。「融資の窓口係は、融資の目的、必要額、返済力はあるかなどを文章でまとめて上司に申請書を提出しているので、自分の経験・経歴・目標・熱意を窓口係に直接アピールしてほしい。商品やサービスの特徴を説明するには、実物や写真があった方がいい。競合店との価格差は調査しておいてほしい」など話した。

◆第2回目は13日午後7時から

 第2回スタートアップカフェは13日午後7時から同会場である。この1、2年の間に創業した〃先輩〃3人が体験談を話す。

 講師は、中島町のエステサロン「FAIRY(フェアリー)」の高木まゆみさん=平成26年開業、出北のカウンセリング店「Sincerely(シンシアリー)」の岩佐安希子さん=同27年開業、大貫町のコーヒー豆製造販売店「REGOLITHCOFFEE(レゴリスコーヒー)」の浅井寿さん=今年開業。

 受講者を募っている。無料。申し込みは延岡商工会議所(箟箍33・6666)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top