【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

赤い羽根共同募金スタート

本紙掲載日:2016-10-03
3面
赤い羽根共同募金の協力を呼び掛けるくまた保育園の園児ら

イオン延岡でセレモニー

 赤い羽根共同募金が1日から全国一斉にスタートした。県共同募金会延岡市共同募金委員会は同日、同市旭町のイオン延岡店入り口前で、募金活動に対する市民の理解を深めるためのセレモニーを開催。関係者が出席して協力を呼び掛けた。

 同市北川町のくまた保育園北川ちびっ子太鼓が息の合った太鼓演奏でオープニングを飾った後、岩本真一副市長が運動の成功を願う厚生労働大臣メッセージを、中城あかね市議会福祉教育委員長が中央共同募金会会長メッセージを伝達。

 県共同募金会延岡市共同募金委員会会長で同市社会福祉協議会会長の柳田泰宏さんが「昭和22年から続き、今年で70回目を迎える共同募金のスタート。皆で支え合う募金なのでよろしくお願いしたい」と協力機関や団体にあいさつした。

 セレモニーに出席した関係機関・団体の職員らはこの後、店の入り口前で広報車の出発を全員で手を振り見送ったのに続き、首から募金箱を下げて行き交う買い物客に「共同募金への協力をよろしくお願いします」と募金を呼び掛けていた。

 同委員会によると、赤い羽根共同募金は12月31日まで。昨年度は同市内で1133万3862円の募金が集まり、県内の福祉に799万2000円、市内の福祉に334万1862円が使われている。また、12月から年末まで行われる歳末たすけあい募金は376万312円が集まった。

 今回は赤い羽根共同募金が1799万2000円、歳末たすけあい募金が403万2000円を目標額に運動を展開するという。

その他の記事/過去の記事
page-top