【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

10月15日「えんぱく」開幕

本紙掲載日:2016-09-29
1面
全プログラムを掲載したパンフレットを見せる片山実行委員長(右)と、御朱印帳の手作りを勧める西田さん

過去最多55プログラム−県北全域と大分で

 延岡市を中心に地域全体を博覧会に見立てた体験交流イベント「えんぱく2016」が10月15日から始まる。11月27日までの6週間に、県北全市町村と大分県で過去最多の55プログラムが繰り広げられる。実行委員会(片山俊之実行委員長・延岡商工会議所副会頭)が27日、概要を発表した。参加の受付開始は10月4日午前10時。

 民間の立場から県北地域の広域観光推進に取り組む「ひむか共和国推進実行委員会」とのコラボレーションで、県北全市町村のプログラムがそろった。55本のうち36本が新企画。

 延岡市内では、収穫した冬野菜で鍋料理を作る、五右衛門風呂を自分で沸かして入る、小型定置網漁を体験する、北浦沖の無人島・高島を散策するなど。また、旭化成の工場巡りが4年ぶりに復活する。

 日向市内では、パワースポット大御神社でみそぎ体験、県北地区唯一の木造3階建て建造物である細島みなと資料館でオリジナルちょうちん作りなど。

 西臼杵・入郷地区では昨年12月に世界農業遺産に認定された「高千穂郷・椎葉山地域」を巡るフットパス、椎葉で天然蜂蜜採取体験、諸塚でシイタケ採りとピザ作りなど。

 大分県のプログラムは、佐伯市の離島・深島に渡る企画と、日出(ひじ)町の歴史散歩の二つ。日出町では今年初めて「ひじはく」を開催しており、交換プログラムとして、延岡市からは「ととろでエビモンGO!」(水揚げした海産物の中から珍しい生き物を探す企画)を提供する。

 今年のキャッチフレーズは「元気に出会う55の〃幸せ〃」。片山実行委員長は「誘い人がアイデアを出し合い、温かみのある55プログラムを用意しました。多くの方に参加していただき、元気を持ち帰っていただきたい」と呼び掛けた。

 今年初めて「誘い人」として参加した西田洋子さん(延岡市安賀多町、noichigo経営者)は「絵文字のタペストリー作りでは、作った後にチーズケーキを食べながらお茶を飲みます。御朱印帳を手作りする企画は、座禅体験と昼食付きです」と、自身が企画した二つのプログラムをPRした。

 すべてのプログラムの内容を詳しく紹介したパンフレットを延岡商工会議所(延岡市中央通)、延岡市役所、九州管内の道の駅などで配布する。インターネットでも配信する(「えんぱく」で検索)。

 参加申し込みは10月4日午前10時以降に、電話またはインターネットで各連絡先まで。問い合わせ先は、えんぱく事務局(延岡商工会議所内、電話延岡20・0008、平日午前10時から午後5時まで)。

その他の記事/過去の記事
page-top