【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

台風16号−収穫前の水稲に被害・JA延岡

本紙掲載日:2016-09-24
1面
稲刈り前に倒伏した水稲

冠水や倒伏、土砂の流れ込みも

◆沖田、祝子、長井、三川内など

 台風16号は農作物や農業施設にも大きな被害をもたらした。このうち、延岡市内では収穫期を間近に控えた普通期水稲の約4割で冠水、倒伏したほか、土砂や流木が水田に流れ込んだ地域もあった。

 JA延岡が県や延岡市と行った調査によると23日現在、管内の普通期水稲(主食米)の作付面積約984ヘクタールのうちの約408ヘクタールが被害を受けたことが分かった。調査が終わっていない地域もあり、JA延岡の営農企画室は「被害の規模はさらに増えるのではないか」と予想している。

 被害は延岡市の沖田町や祝子町、北川町の長井地区や、北浦町の三川内地区など広範囲に及んだ。約10ヘクタールは完全倒伏などの甚大な被害を受けたという。
 
 倒伏や冠水した稲は品質や収量が低下したり、刈り取り作業が困難になる。今月末から収穫作業が始まるが、同企画室は「完全倒伏すると時間の経過とともに発芽も心配されるので、巡回指導を強化していきたい。秋の農作業安全月間中でもあり、農作業の安全や農機具の取り扱いについも注意喚起したい」と話す。

 冠水した沖田町の水田を22日に確認に来た78歳の男性は、「刈り入れ目前で冠水したので心配したが、思ったほど状態はひどくなく安心した。あと1週間もすれば刈り取りができそう。稲刈り機を傷めないように流木などに気を付けたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top