【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大きな自信手中に−東ファイターズ

本紙掲載日:2016-09-19
9面
【決勝・東ファイターズ―岡富クラブ】5回、好中継で同点を防ぎ喜ぶ東ナイン(中央が日野)
東は4回、2死二塁から和田が左適時打を放ち先制

第37回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊少年野球大会・球音

◆近づいたライバルの背中

 創部44年目の東ファイターズが、最高の相手に競り勝って初戴冠。林田泰輝監督は「力は互角だが、全国を経験し、勝負強さは上。その相手にこの舞台で競り勝てたことは次への大きなステップ」。選手たちも「次は県で優勝をつかみ取りたい」と大きな自信を手にした。

 ライバルの背中は遠くなりかけていた。今季の新人大会は岡富を破って優勝。続く全日本学童支部大会は決勝で敗れ、県大会でも敗退。一方、岡富は県を勝ち抜き、全国でも3回戦へ。1週前の支部大会決勝でまた負けた。

 岡富の派手な活躍を傍目に、「ぼくたちももっと練習を頑張ればいける」(加藤楓)。夏休みに練習に励み、この1週間は打倒岡富により焦点を絞った。

 立役者は5年生の日野夢大。指導陣から「自信を持って思い切って投げ込め」と先発を任された大器は、課題の序盤を気迫で切り抜ける。毎回走者を許すが、無失策の守りにも助けられる。

 五回は三塁打を打たれ、打者走者が一気に本塁を狙う。「絶対にアウトにしようと全力で投げた」。日野が中継に入り、タッチアウト。同点は許さず、七回にはだめ押しの2点左三塁打まで放った。

 日野は「全日本学童の県大会初戦で敗れた悔しさがある。日ごろの行いも良くして、県も九州も優勝したい」と気をよくした。


◆コンパクトに振った−和田悠佑(決勝で先制の左前打)

「ここまであまり打てなかったから決勝で打てて良かった。(先制打は)監督から『本塁打じゃなくワンヒット』と言われ、コンパクトに振った結果。去年から県大会で勝てていないからみんなで優勝をつかみ取りたい」

その他の記事/過去の記事
page-top