【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北方学園くらりか“ふしぎ”教室

本紙掲載日:2016-09-14
6面
レモン電池の実験をする北方学園の児童

東工大同窓会・蔵前工業会

◆「ついた!」「すごい!」レモン電池

 東京工業大学同窓会・蔵前工業会所属の「蔵前理科教室ふしぎ不思議(通称・くらりか)」(安永隆志代表)は9日、延岡市北方学園で出前理科教室を開いた。小学6年生27人を対象にレモンを使った電池作りを行い、理科の面白さを教えた。

 「くらりか」は、子どもたちに理科を好きになってもらおうと科学原理をテーマにした寺子屋方式の出前教室を全国各地で開催。県内では3年前から開いており、延岡市では3回目。

 同校には、蔵前工業会宮崎県支部の山路哲平支部長(平原町)をはじめ、くらりか本部から剱持克夫副代表(神奈川県在住)ら10人が講師として訪れた。

 実験はレモン電池作り。電解液(レモン汁)に異なる金属を入れると金属間に電位差が生じて電池になる原理を調べるもので、電気が通じているかどうかを測る「テスター」を使って行った。

 4分割したレモンに、銅と亜鉛メッキを導線で接続したもの、銅と亜鉛メッキをそれぞれにクリップと導線で接続したものを直列接続させてLEDを点灯。レモンが電池の役割を果たすことに半信半疑だった児童たちは「ついた!」と驚いていた。

 子どもたちが家庭から持ってきたトマトやナス、タマネギなどの野菜でも同様の結果となった。

 剱持副代表は「理科(科学、技術の基)は生活を便利にします。豊かな生活をするため若い皆さんに頑張ってもらいたい」とエールを送った。

 三樹竜真君(12)は「レモンで電気ができるとは知らなかったので驚いた。ジャガイモでもできたのですごいと思った」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top