【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

85歳の竹永さん−自分史を自費出版

本紙掲載日:2016-09-14
3面
自費出版した自分史「私のひとりごと」を手に持つ竹永さん。前に飾るのは最近始めたという習字の自作品

憧れの執筆、夢を実現−延岡

 延岡市中川原町の竹永千年さん(85)は7月に自分史を自費出版した。「人生は1度きり。何でも知りたいし、何でもしたい」といまだに好奇心おう盛。ようやく「書き手になりたかった」という小さいころからの夢を実現させた。

 昭和6年、門川町加草生まれ。5人きょうだいで唯一の女の子だった。編み物や洋裁などの手芸を得意としたほか、「男の中で育ったが、自分でも〃夢見る夢子さん〃だったと思う」。幼いころから俳句や小説など文芸が大好きで、さまざまな作品に触れてはその世界や著者に思いをはせた。

 もともと活発で負けず嫌いな性格。多くのことに挑戦した。

 県立富高実業高校(現富島高校)を卒業後、旭化成に入社。レーヨン工場に勤め、責任あるポジションも任された。プライベートでは社交ダンスや演芸をはじめ、「タンゴやマンボなどタップダンス以外はほぼ踊れた。演劇では主役を張った」。

 結婚・出産・子育てを経て、35歳で離婚。旭化成を退社していたから、それ以降、日本全国を転々とし、いろんな仕事を経験した。60歳ぐらいの時に親が住んでいた延岡に戻り、70歳ごろまで働いた。

 現在は両親も4人のきょうだいも亡くなり「一人ぼっち」。それでも力強く生きる。一軒家に1人で暮らし、買い物も、自炊も、掃除も、洗濯も、機会があれば運転だってこなす。

 「自分で自分を張り切らせてるから元気でいられる。人に負けたくないし、人に迷惑をかけたくない。まだまだやりたいことはたくさんある」

 そしてふと思い立ったのが、小さいころから憧れてきた執筆活動。「自分で何かを書いてみたいと思った。今できるのは自分史かなと」

 構成など全く考えずに原稿用紙につづり、約1カ月で仕上げた。

 完成した冊子のタイトルは「私のひとりごと」。A5判37ページ。幼少期や学生時代のことも細かく記されており、俳句や写真なども多数交えた。「繊細な表現もできる日本の言葉が大好き」という気持ちがにじみ出た作品になった。

 本人は「本当はもっとロマンチックなものを書きたかった。遊びみたいなものなので恥ずかしい」とそのできに少し不満げな様子だが、竹永さんの知り合いは「85歳で夢を実現された行動力は尊敬に値します」と称賛する。

 最近になって習字も始めた。部屋にはいくつかの作品を飾っており、その中には「生涯現役」の文字も。習字の先生からもらったという。

 「いつまでも生きようなんて思わない。死ぬまでできることをしていきたい」。まさに「生涯現役」を体現する。

その他の記事/過去の記事
page-top