【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

伊東マンショ肖像画−県立美術館

本紙掲載日:2016-09-10
2面
里帰りした伊東マンショの肖像画(ミラノ・トリブルツィオ財団所蔵)
記念セレモニーでモニュメントを除幕する河野知事ら関係者(10日午前、県立美術館)

10月16日まで、里帰り展

 平成26年3月、約430年ぶりにイタリア・ミラノで見つかった天正遣欧少年使節の正使、伊東マンショ(現在の西都市出身)の肖像画の里帰り展が宮崎市の県立美術館で始まった。10日午前の記念セレモニーでは河野知事や橋田和実西都市長、イタリア大使館学術・文化担当者らがモニュメントを除幕して祝った。10月16日まで。入場無料。

 マンショは1569年ごろ、日向国都於郡(とのこおり)生まれ。幼少名は伊東虎千代。8歳ごろのとき、薩摩の島津氏に攻め込まれ、一族とともに親戚関係にあった豊後の大友氏を頼って神門(南郷)から河内(高千穂)へと山中逃避行する。

 その後、府内(大分)の教会で洗礼を受け、マンショと命名。10代半ばで九州のキリシタン大名の名代として総勢4人でヨーロッパに渡り、ローマ教皇らに謁見(えっけん)など大歓迎を受け、国際交流の先駆者としての使命を果たした。

 肖像画は縦54センチ、横43センチの油彩。ミラノ・トリブルツィオ財団職員が発表した学術論文で存在が明らかになった。ルネサンス期の巨匠、ヤコポ・ティントレットの息子、ドメニコ作で、1585年のベネチア訪問時の姿を描いたとされる。絵の裏面には「MANSIO」の文字が確認できる。

 昨年9月、ミラノ国際博出展のため現地を訪れた知事が所有者の同財団会長を訪ね、里帰り展への協力を依頼し、了解を得た。東京国立博物館、長崎歴史文化博物館に続く、特別公開が実現した。

 会期中は長崎歴史文化博物館所蔵の別のマンショ肖像画も県内初公開される。

 開館時間は午前10時〜午後6時(入場は午後5時半)。9月12、20、23、26日、10月3、11日は休館。問い合わせは県立美術館(電話0985・20・3792)。

その他の記事/過去の記事
page-top