【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夢へ向かって努力を

本紙掲載日:2016-08-29
3面
母校で講話する高尾選手

リオ五輪重量挙げ−高尾選手、後輩を激励

◆自身は東京でのメダル誓う−日向・東郷学園

 リオデジャネイロ五輪重量挙げ男子56キロ級に出場した日向市東郷町出身の高尾宏明選手(24)は、29日に母校の東郷学園を訪れ、日本代表に上り詰めた自身の経験から「勉強にしてもスポーツにしても、一生懸命努力すれば結果は付いてくる」と児童生徒に力強く語った。

 高尾選手は福瀬小―東郷中―富島高卒。競技は高校1年で始め、3年の時に全国高校総体と国体で優勝した。九州国際大―自衛隊体育学校に進み、リオ五輪では重量挙げの選手として本県から初出場を果たした。

 この日は子どもたちを前に、日本代表の赤いジャケットを着て体育館で講話。選手村でのエピソードを披露したり中学校時代の思い出など振り返った。

 高尾選手は小3から野球を始め、東郷中でも野球部に所属。当時は長打力があり「練習で校舎までボールを飛ばして窓ガラスを何枚も割ってしまったことを覚えている」などと話していた。

 高校では、恩師の名指導者赤星宏一さん(故人)に誘われ、重量挙げ部に入った。赤星さんに「やるからには日本一を目指せ」と言われ、最初は「何を言ってるんだこの人は。日本一なんてなれるわけない」と思ったが、部室に掲げられた「なせば成る」の言葉を信じ続け、毎日バーベルを上げたという。

 「記録も徐々に付いてくるようになり、伸びることがとても楽しくなった。自分が強くなったというのが数字に表れるので、その魅力に取り付かれた」。リオ五輪への出場が決まった時は「努力すれば結果が付いてくることが分かった。皆さんも夢に向かって頑張ってください」などと呼び掛けていた。

 東京五輪では62キロ級での出場を見据えており「これからもっと厳しい世界で戦っていかなければならないが、努力を続けて諦めず、メダルが取れるように頑張りたい」と誓った。

 東郷学園ではリオ五輪前、国旗に寄せ書きしたり、千羽鶴を折って高尾選手に贈ったりしたという。代表であいさつした生徒会長の寺原隆世さん(9年)は「五輪での活躍を見て感動したし、元気をもらった。自分たちも努力して受験や部活を頑張りたい」とお礼を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top