【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

吉岡選手、日本一に(延岡出身)

本紙掲載日:2016-08-24
3面
第47回全国中学校柔道大会の男子個人戦66キロ級で優勝した延岡市出身の吉岡正晃

南小から熊本鎮西中へ−全国中学校柔道66キロ級

◆地震で道場も被害場所探しに奔走「先生のために」

 第47回全国中学校柔道大会(日本中学校体育連盟など主催)が17日から20日まで、新潟県上越市のリージョンプラザ上越であり、男子個人戦66キロ級で延岡市出身の吉岡正晃選手(熊本・鎮西3年)が優勝、日本一に輝いた。吉岡選手は「優勝の実感はまだないけれど、決勝も含めて試合を楽しめた」と振り返った。

 大会には各都道府県の代表延べ約1150人がエントリー。男女別団体戦、個人戦16部門があり、各部門で熱戦が繰り広げられた。

 吉岡選手は全中の団体戦には昨年も出場。今年は団体戦と初の個人戦にも挑んだ。「プレッシャーはそんなになかった。最後の大会だから悔いのないように楽しんでいこう」と臨んだ。岡田悠之介選手(埼玉)と対戦した決勝戦は延長までもつれたが、積極的に技を仕掛けて勝利をたぐり寄せた。

 4月に発生した熊本地震のため、直後から練習は休み。学校の道場が使えず、練習場所を探し、ランニングや階段上りなど畳の上以外でトレーニング。宮崎市の中学校の練習にも参加するなど苦労も味わった。「道場が使えなくなり、先生がいろんな練習場所を見つけてくれた。先生のおかげ。先生たちのためにもと思って頑張った」

 吉岡選手は南小から鎮西中に進学。21日に帰省し、22日には小学校時代に稽古していた芦塚柔道場(芦塚都士通館長)=延岡市三ツ瀬町=の練習に参加した。小学5年の時に第9回全国小学生学年別柔道大会で全国2位となっており、芦塚館長は「実績からすれば日本一は当然だと思って努力しなさい」と激励していたという。同道場7人目の日本一となったまな弟子の活躍に「高校、大学になっても日本のトップを進んでいけるように頑張ってほしい」と喜びとともにエールを送った。

◆全日本Dの強化選手に

 今回の優勝で来年度の全日本D(カデ=15〜17歳の選手が対象)強化選手として合宿への参加、次回の全日本カデ柔道体重別選手権大会への出場が決まった。同選手権優勝者は世界大会への出場権を手にする。吉岡は「大会までにもっと基礎体力をつけて組手と寝技を練習し、優勝したい」と意気込みを話した。

その他の記事/過去の記事
page-top