【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

児童ら座禅を体験−延岡

本紙掲載日:2016-08-20
2面
写仏を手に笑顔の児童たち(提供写真)

北方町の慈眼禅寺−夏休みお泊まりざぜん会

 延岡市北方町曽木子の慈眼禅寺(久我正経住職)で17、18日、「夏休みお泊まりざぜん会」があり、町内外から小学生27人と保護者が参加して座禅を体験した。

 同ざぜん会は、夏休みで不規則になりがちな生活習慣を改め、心を磨いてもらうことが目的。同寺で30年以上続く恒例行事として毎年開いている。

 参加した児童たちは、1泊2日の日程で寺の生活を体験。座禅や「僧堂」(食事や睡眠をする場)、「東司」(トイレ)、「浴司」(風呂)の三カ所では無言で過ごす「三黙道場(さんもくどうじょう)」を行い、仏さまのお姿を描き写す「写仏」などを行った。

 初日の夕食は、一晋副住職の指導の下、肉や魚を使わずに野菜や果物などを用いて作る精進料理をみんなで調理。豆腐とすった山芋をのりに塗って油で揚げ、たれに漬け込んだ本物さながらの「ウナギもどき丼」を作り、おいしく食べた。

 食事後は、正経住職による法話を聞いた後、座禅に挑戦。「体と息を整えて」「背筋を伸ばして」と指導を受けながら約20分間、心静かに自身を見詰め直した。

 翌日は、午前5時に起床。無言で掃除に励んだ後、ご飯を食べて写仏に取り組み、2日間の日程を終えた。

 初めて参加した遠田紘右君(南方小4年)は「座禅は難しかったけど、映画を見たり、ご飯を作ったり楽しかったので来て良かった」と充実した様子だった。

その他の記事/過去の記事
page-top