【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

全国大会出場を市長に報告

本紙掲載日:2016-08-11
4面
わんぱく相撲全国大会の報告に訪れた、(左から)古小路君、下田君、長村君

わんぱく相撲出場の3人−延岡

 7月31日に東京・両国国技館で行われた第32回わんぱく相撲全国大会に、延岡市代表として出場した選手たちが8日、市役所を訪ね、首藤正治市長に結果を報告した。

 出場したのは古小路心君(南方小4年)、下田航樹君(方財小5年)、長村晃宏君(南小6年)の3人で、延岡大会を主催した延岡青年会議所の蓑田章理事長、同役員の皆さんと一緒に訪問した。

 3人はいずれも初出場で、会場の雰囲気に飲まれたのか初戦突破はならなかった。

 古小路君は「惜しかったと思う。予選で負けたので、次もまた出て次こそは優勝したい」。

 下田君は「土俵際で下がって、足がばたばたして倒れてしまった。悔しい」。

 長村君は「いつものように激しく当たれなかった。相手が土俵際で最後の力を出してきたのにやられた」と、それぞれに取組を振り返った。

 市長は、リオ五輪で大野将平選手(旭化成)が、柔道男子73キロ級で金メダルを獲得したことを例に、努力することの大切さと大舞台で普段通りの力を発揮することの難しさなどについて、児童たちと意見を交わした。

 また、全国大会に出場できたことを「お父さんやお母さんに感謝してください。強い人は礼儀作法や感謝する気持ちをしっかり持っています」と言葉を掛けた。

 蓑田理事長も「負けたことで分かったことや、勝ち負け以上に大切なものがあることを学んでくれたはず。この経験を次に生かしてくれると思います」と目を細めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top