【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

重量挙げ男子56キロ級・高尾宏明選手

本紙掲載日:2016-08-06
1面
高尾宏明選手
高尾選手の恩師赤星さん(平成21年12月撮影)

日向市東郷町出身−恩師故赤星先生の思いも背負い晴れの舞台へ

◆「五輪に出場する」母校・富島高−実習で語った夢

 「ぼくはオリンピック選手になります。この小さい体でも五輪の夢を持っています。みんなも夢を持ってください」

 2年前、男子重量挙げ56キロ級の日本代表に始めて選ばれた高尾宏明選手(自衛隊体育学校)はそう語った。場所は母校の富島高校。教育実習生として立った教壇で生徒たちにそう話したという。

 日向市東郷町出身。富島高1年の7月、名指導者の故赤星宏一さんと「競技」に出合った。高校時代に芽生え、大学時代に語った夢が今、実現する。

 「中学最後の大会はあいつのエラーでうちが勝ったんですよ」と話すのは、富島高教員で同級生の東大地さん(24)。中学時代はともに野球部。3年生の夏、地区大会準決勝で高尾選手の東郷中と東さんの富島中が対戦。三塁手だった高尾選手のエラーで富島中がサヨナラ勝ちしたという。

 現在、母校の野球部長も務める東さんは「あれがなければ一緒に野球をしていたかも」。高校で再会したが、「人に迷惑を掛ける団体競技はしたくない」と高尾選手は最初、部員1人だけの陸上部に所属していた。

 運命を変えたのは夏。前任校などで重量挙げの高校日本王者3人を育てた赤星さんと出会った。スポーツテストの結果や水泳の授業で見た高尾選手の肉体から、赤星さんが重量挙げに誘った。

 赤星さんは赴任した平成16年に創部。女子選手が実績を上げはじめていた重量挙げ部で男子選手第1号が、高尾選手だった。

 「強い女子選手もいて、人数は少ないけど強い部活だった」と話す東さん。高校時代の高尾選手で最も印象に残っているのが、通学だという。

 「行ったことがあるが、日向市内でいえば米の山みたいなところ。東郷の福瀬の本当に山の上に実家がある。そこからたぶん1時間半くらいかけて毎日、自転車で通っていた。雨の日も休まず、遅刻とかもなかったと思う。こういう男が日本一になるんだと思った」

 また、同じ時期に教育実習を受けていた時も、当時の部室で現在は各部がトレーニングするウエート室になっている場所で、放課後に汗を流していたという。「数日後の大会で優勝したのも印象的です」と語った。

 同級生の記憶に残る我慢と忍耐と努力。高尾選手が高校3年時に赤星さんは、「毎日、自分から筋肉を壊し、再生し、強くすることの繰り返し。記録を追い続ける競技は満足したら終わり」と話していた。その言葉通り、強豪の九州国際大から自衛隊体育学校に進んでも変わらずに全身を磨き続けた。

 平成22年12月、57歳の若さで急逝した赤星さん。同21年の12月に愛弟子に送ったエールは「これからの取り組む姿勢次第。自分に妥協しない気持ちを持ち続けてほしい」。当時、本人は「大学で日本一になり、いつかはオリンピックを」。

 日本時間で、グループBなら7日午後10時から、グループAなら8日午前7時から。師弟の夢の舞台が始まる。

その他の記事/過去の記事
page-top