【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミャンマーの経営者と交流

本紙掲載日:2016-08-04
2面
スイカ割りを楽しむミャンマーの企業経営者と延岡工業高校生活工学科の生徒たち

延岡工業高生活工学科3年生

 延岡工業高校(河野明浩校長、717人)で7月31日、生活工学科3年生とミャンマーの企業経営者との交流会があり、生徒らが手作りしたチキン南蛮や冷や汁など、地元料理を共に食べながら友好を深め合った。

 同校生活工学科は、宮崎食と農を考える県民会議東臼杵支部と連携し、地産地消の食育活動などを展開。研修で来延中のミャンマーの企業経営者と高校生の文化交流の機会にと、同支部などが主催して開いた。平成26年度に続いて2回目。

 料理は、地域に根差した食育・地産地消活動のけん引役として同県民会議が選定・登録する食育ティーチャーの指導の下、フードコースを選択する生徒らが調理し、ミャンマーカレー作りにも挑戦。この間、企業経営者らは茶道などを体験した。

 会食では、けん玉や折り紙、手遊び、スイカ割りなど、日本の遊びで大いに盛り上がった後、料理に舌鼓。冷や汁をはじめミャンマーカレーも好評だった。企業経営者を代表してエー・トァさんは「日本の遊び、おいしい食事をありがとう」とお礼を述べた。

 3年生の尾崎千尋さん(18)は「言葉が通じなくても身ぶり手ぶりで、伝えたいという気持ちがあれば伝わることを知った」、川本かりんさん(18)は「言葉は分からないが、自分が勉強している『食』を通じて互いの文化が分かり合えた」と喜んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top