【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地方創生、観光振興どうする

本紙掲載日:2016-08-03
3面
首藤市長らの答弁を聞く中学生(2日、延岡市議会議場)

延岡市こども議会−中学3年生18人が質問

 中学生の地方自治の理解を深め、柔軟な意見を市政に反映する「第22回延岡市こども議会」は2日、市議会議場であった。市内の中学校18校の代表生徒が登壇し、首藤正治市長らに地域活性化や観光振興、防災対策など各種課題を質問した。

 地域活性化については、甲斐雄輝さん(北方学園中3年)が、北方の魅力ある地方創生の観点から「具体的な計画などがあれば教えてほしい」と質問したのに対し、首藤市長が「延岡新時代創生総合戦略を策定し、企業誘致や観光戦略、地域性を生かしたまちの魅力づくりなどの取り組みを進めている」と答弁。

 黒木美紗愛さん(恒富中3年)は、2020年の東京オリンピック開催を見据えた活性化の取り組みを質問。市長は「スポーツのみならず文化や産業など多方面の交流が生まれ、外国人の観光客が今後さらに増えていくことを期待している。近づくオリンピックに向け、エンジンを加速していきたい」と答えた。

 観光振興に関連しては、難波江渉さん(聖心ウルスラ学生聡明中3年)が、映画やドラマ誘致による全国発信を提案した上で「延岡を知ってもらうための取り組みと、今後の予定は」と質問。首藤市長は「今後も費用対効果を見極めながら、延岡、日向、高千穂などを絡めた映画やドラマ誘致を検討したい」とした。

 防災面では、河野仁亮さん(北浦中3年)が、学校近くの津波避難場所の避難路について「地震による土砂崩れが心配。ガードレールの破損もある」と改善を要望。市長は「県が土砂災害を防ぐ工事を進めており、発生の可能性は少ないと考える。ガードレール破損など指摘の点は現地を確認したい」とした。

 スポーツ施設整備を望む声もあり、太田虎之介さん(尚学館中3年)は、西階球場改装とプロ野球キャンプ誘致を提案。笠江孝一教育長は、「キャンプ受け入れにはメーン球場の西階野球場改装はもちろん、隣接地にサブ球場と雨天用の屋内練習場の建設が最低限必要。現状では難しい課題と考えている」と答えた。

 このほか、市内の道路環境整備や通学路の安全対策など、さまざまな課題についての質問があった。議会前半の議長を務めた椎葉倫晃さん(聖心ウルスラ学園聡明中3年)は「議会の緊張感に触れ緊張したが、なかなかできない体験なので良い経験になった」。島野浦地区の観光開発を質問した長野真帆さん(島野浦中3年)は「こういった場で発表する機会はないので緊張したが、島の代表のつもりで頑張った」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top