【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

こども落語家−生き生きと笑い

本紙掲載日:2016-08-01
3面
県北から唯一決勝大会に進んだひむか亭いちごさん

日向市で全国大会−最多60人出場

◆県北から1人決勝進出−ひむか亭いちごさん健闘

 子供落語家〃日本一〃を競う「第8回ひむかの国こども落語全国大会」が7月30、31日、日向市文化交流センターであった。17都道府県から過去最多の60人が集い、大人顔負けのしゃべりや表情で生き生きと笑いを取った。同大会実行委員会(那須久司実行委員長)主催、夕刊デイリー新聞社など後援。

 小学生の部と中学生・高校生の部があり、決勝大会には予選大会を突破した8人(各部4人)が出場し、このうち県北から唯一駒を進めたひむか亭いちご(田島小春)さん=財光寺中2年=は、全国の強豪を相手にひるむことなく、演目「鈴ケ森」を堂々と披露し、観客を引き込んだ。

 審査の結果、小学生の部の最優秀賞は甘辛亭ちきん(坂井俊介)君=和歌山県、小学4年=、中学生・高校生の部の最優秀賞は六斎亭空念仏(阿部空也)君=奈良県、中学1年=に決まった。

 審査委員長を務めた日向市出身のプロ落語家・桂歌春さんは「皆さん楽しんで落語をやってくれているのが何よりうれしかった。それぞれにすばらしい個性を持っている」と講評。将来の夢を聞かれた最優秀賞の受賞者2人が、それぞれ「ロボットをつくる人」「まだ分かりません」と答えると、「落語家と言わなかったことにひと安心です。こんな強力なライバルが出てきたら私たちはお手上げです」と笑わせた。


大人顔負けの高座に観客は大笑い
その他の記事/過去の記事
page-top