【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

横浜市からIターン−見知らぬ土地、延岡市へ

本紙掲載日:2016-07-27
3面
藤平隆之さん(左)と由美子さん

藤平さん夫妻−ボルダリング・ジム開設

 横浜市から何の縁もない延岡市にIターン移住した夫婦がいる。3年前に初めて訪れた比叡山の魅力にひかれ、同市伊達町にボルダリングのジムを開設した藤平隆之さん(45)、由美子さん(40)夫妻だ。ジムを開こうと考えてわずか1年半での移住。延岡に決めたのは、ボルダリングでは国内でも知られている比叡山などが近くにあるためだ。「ボルダリングの魅力を伝え、子どもから大人まで愛好者の裾野を広げていきたい」と2人は話している。

 移住の準備を具体的に始めたのは1年前。ジムにふさわしい物件の目星は付けていたが、何も決まらないまま今年2月末に延岡へ引っ越してきた。隆之さんは建築関係、由美子さんは大学事務の仕事を直前に辞めての挑戦だった。ジムの場所も決まらない時点での移住は、「さすがに不安でいっぱいでした」と話す。

 場所が決まったのは4月中旬。伊達町のJA延岡恒富支店北側にある倉庫はどうかと紹介された。中2階があったが取り外せることが分かって決定した。工事に入ったのは、5月の連休明けからだった。

 勤め人だった2人にとって、創業するのは初めてのこと。「何をどうしていいのかがまず分かりませんでした」と由美子さん。横浜市では商工会議所主催の相談会などに顔を出した。ただ、話がスムーズに進展したのは移住と創業の目的がボルダリングジムとはっきりしていたこと。「それがよかったようです。具体的なアドバイスをいただきました」。横浜市の日本政策金融公庫の担当者から、延岡支店を紹介され、話が進んでいった。

◆比叡山に魅せられ決意

 2人の岩上りのキャリアは約20年。「国内だけでなく、フランス、スイス、アメリカ、オーストラリアと海外にも遠征していた」。「趣味の域は出ていなかった」というが本格的な熱中ぶり。

 その2人が比叡山に初めて訪れたのは3年前。海外で楽しむ2人がすぐに気に入るほど前評判にたがわない名所だった。延岡周辺は比叡山のほか、「祝子、日之影、大分県南の宇目など〃ビッグエリア〃も多く、すぐに気に入った」という。

 とはいっても移住、創業するに当たっては、延岡以外もいろいろ検討した。

 「熊本市など人口の多い都市での開業も考えたんですが、比叡山など周囲の環境も含め、それに熊本市などは競合店も複数店舗ありました。それで延岡市に決めました」と隆之さん。

 オープンは7月16日。名前は「クライミングジム・intenseインテンス」。意味は「激しい」「情熱的な」。2人の思いを込めた。料金は、一般が平日の終日で1600円、高校生1000円、中学生以下は800円。午後8時以降は一般1400円、高校生800円などとなっている。8月中の火曜日は小学生対象の講習会も開催する予定。問い合わせは(電話延岡20・2617)。

 「ボルダリングは、続けて初めておもしろさが分かるスポーツです。何とか子供たちにも教えていきたい」と隆之さん。

 隆之さんは横浜、由美子さんは千葉出身。全く知らない初めての場所。「失敗しても、横浜には帰りません」。並々ならぬ決意での移住、創業だ。


ジムのうち約200平方メートルがボルダリングスペース。壁の角度はさまざま。無数のホールドがあり、上級者から初心者が挑戦できる。床には厚さ30センチのマット
その他の記事/過去の記事
page-top