【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

まつりのべおか総踊り「ばんば塾」にどうぞ

本紙掲載日:2016-07-22
3面
ばんば踊りの練習に励む延岡市わかあゆ会のメンバー

わかあゆ会が事前講座−7月23日午後3時から

 第40回まつりのべおかを盛り上げようと、延岡市市民環境部の職員8人でつくる「わかあゆ会」は、多くの市民にあす開催の〃ばんば総踊り〃の輪に参加してもらうために、「ばんば塾」講座の準備を進めている。

 8人は全員が今年4月に採用された若手職員。市民活動への積極的な関わりを通じて得た経験や知識を仕事に役立てようと考える中で、市民を挙げて毎年開かれる同まつりの成功に貢献できたらと、まつりのべおか実行委員会に加盟した。

 ばんば総踊りは例年、繁華街の中央通交差点を中心に東西の通りを大勢の市民が埋め尽くして踊り盛り上がっているが、企業や団体での参加がほとんど。飛び入り市民の枠もあるが参加が少ないため、ばんば塾の開催を企画したという。

 同塾は、まつり本番直前の23日午後3時から、中町シンボルロード(市役所前付近)で開催を予定。誰でも参加できる。ばんば踊りと一緒に姉妹都市の福井県坂井市の「丸岡音頭」も練習する。参加した人には、踊りの上手な人に贈られる〃ばんば名人メダル〃がもらえるという。

 会は6月から数回会合を重ね、開催に向けて準備。メンバーには市外出身者もいるため、ばんば踊りや丸岡音頭の練習にも余念がない。

 会の代表者の一人で市国民健康保険課の坂本大地さんは「より多くの人に踊りに参加してもらい、まつりの成功に役立ちたい。ばんば塾参加者の目標は100人。踊ったことのない方も気軽に参加してほしい。一緒に楽しみましょう」と張り切っている。

その他の記事/過去の記事
page-top