【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験感想文

本紙掲載日:2016-07-21
7面
矢野王雅くん
甲斐洋平くん

 延岡市の西階中学校2年の矢野王雅君と甲斐洋平君は7月12、13日、夕刊デイリー新聞社本社で職場体験を行い、取材現場で話を聞いたり、記事を書いたりしました。記者を体験した2人の感想文を紹介します。


◆延岡市西階中学校2年・矢野王雅

 職場体験初日は朝礼から始まりました。各紙面担当の皆さんが、それぞれ載せる予定の記事を報告していて、その姿を見て「すごい」と思いました。

 夕刊デイリー新聞社は夕刊紙ということで、その日出来上がった新聞を夕方までに配り終えないといけないのは分かっていましたが、朝のうちに掲載内容を報告していて「ここは学校と違う職場なんだな」と改めて実感しました。

 初日は延岡市消防署に取材に行きました。消防署では事故や災害について詳しく話を聞きました。いつもなら話を聞いて事故や災害について考えたりしますが、新聞を書くためにはそれに加えて新聞を書く材料(情報)を集めないといけません。

 「少しでも多くの情報を」「少しでも詳しい話を」と思っていたら、いつの間にかメモを取ることに夢中になっていました。

 話を聞き終わった後、「何か質問はないですか?」と聞かれたときに戸惑ってしまい、結局質問することができませんでした。そして、担当の新聞記者の方が質問しているのを見て「直前に質問を考えてるんだな」と思いました。

 いざ記事を書こうとすると、取材とは違う難しさがありました。読者が分かりやすく読めるよう内容を詰め込み過ぎず簡潔に書いたり、やはり新聞なので事実を書かないといけません。それに同じ言葉を繰り返し使う重複表現を避けなければなりません。「いかに読み手に聞いたことを正確に伝えるか…」。それがとても難しかったです。

 原稿が書き終わったら、次はパソコンに完成した記事を打ち込まなければなりません。自分はパソコンを使うのが好きなので、この作業はとても楽しかったです。

 この2日間、職場体験をしてとても疲れました。ですが、「めったにできない貴重な体験だな」と感じました。この体験を自分の将来に生かしていきたいと思います。そして優しく、分かりやすく指導してくださった夕刊デイリー新聞社の方々に感謝したいと思います。


◆延岡市西階中学校2年・甲斐洋平

 職場体験の初日、初めにあったのが朝礼でした。朝礼では自己紹介をしました。そして朝礼が終わった後に社内の説明でした。

 夕刊デイリー新聞社は夕刊紙なので、その日の出来事はできるだけその日の紙面に掲載しないといけないので、大変だと思いました。

 初日は延岡市消防署で取材し、火災や水の事故などについて説明を受けました。説明が終わった後に「質問はありませんか」と聞かれた時、何も思い浮かばず質問をしませんでした。

 しかし、実際に記事を書き始めると、なかなか書けず、「あのとき質問しておけば良かったな」と思いました。

 記事はなかなか書けませんでしたが、何とか書いて担当の人に見てもらいましたが、書き直しになりました。そこで資料を印刷してもらい、その資料を参考に記事を書いていきました。

 午後4時まで何回か書き直しをして再び持って行きましたが、やり直しで、一緒に職場体験した矢野君も僕も終わりませんでした。そのため家で書き直しをすることになりました。

 そして家で書き直したものを2日目の朝に提出しましたが、王雅さんも僕も書き直しでした。何回か書き直しをした後にパソコンで記事を打ち込んでやっと完成しました。「その日のうちに記事を完成させる新聞記者の人たちはすごいな」と思いました。

 その後、イオン延岡店で行われた延岡しろやま支援学校高等部による校外販売学習の取材に行きました。担当の先生や高校生の話を聞いて、「もう将来のことについて考えて仕事をしているんだな」と感心しました。

 記事を読んで見出し部分を考える体験もしました。僕たちの考えた見出しをもとに担当の方が考えて編集してくれました。最後に記者を体験した感想文を書いて研修が終わりました。

 僕は今回の職場体験を通して、たくさんのことを知ることができ、とてもいい経験になりました。学校生活や将来に生かしていきたいと思います。



延岡しろやま支援学校の職員から校外販売学習の説明を聞く甲斐君(右)と矢野君
その他の記事/過去の記事
page-top