【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ブドウの収穫始まる−北方町の福谷さん方

本紙掲載日:2016-07-20
2面
ブドウのわせ種サニールージュを収穫する福谷さん

わせ種「サニールージュ」

 延岡市北方町板下の農業福谷昭治さん(47)方のブドウ園で、わせ種「サニールージュ」の収穫作業が始まった。

 8年前に脱サラし、宮崎市内から妻子と家族3人で帰郷。実家が農家だったこともあり、JA延岡の平成21年度研修生として1年間、水稲や野菜作りについて学んだ。

 研修後、ブドウ好きだったことから「自分で育ててみたい」とブドウ栽培を決意。JA延岡の職員から指導を受けて苗木を植え、3年前から本格的な収穫が始まった。

 計3アールのブドウ園には、ニューピオーネ、サニールージュ、黄玉、ゴルビー、ウインクの種なし5品種がたわわに実り、盆前をピークに9月中旬まで順次収穫が続く。

 減農薬栽培で、開花時と開花直後に種をなくすための処理をしているのが特徴。また、園内には山間から行縢おろしが吹き抜けるため、ブドウはストレスなく育つという。

 「梅雨時期に雨に恵まれたおかげで、梅雨明け後のこれからは糖度が乗り、色づきも良くなるでしょう」と今年の出来に手応えを感じている。

 収穫したブドウは、「道の駅北方よっちみろ屋」や「道の駅北川はゆま」、JA延岡の「ふるさと市場」(同市恒富町)などに出荷。ニューピオーネ、黄玉、サニールージュ3種が入った「カラフルパック」が毎年人気で、今年は8月上旬に販売予定という。

 福谷さんの当面の目標は、所有するブドウ園と栗園の観光農園化。「里山を守るためにも、地区活性化のためにも、県道板上曽木線の拡幅工事が終わる5年後には実現したい」と夢を膨らます。

 ブドウ狩りは予約制で園を開放している。試食は無料。キロ当たり1600円で販売する。

 問い合わせは福谷ブドウ園(電話延岡44・1353)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top