【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

航海安全と大漁を祈願−日向

本紙掲載日:2016-07-18
9面

勇壮、太鼓台に観客沸く−細島みなと祭り写真特集

 航海安全と大漁を祈願する日向市細島の「細島みなと祭り」は17日までの3日間、細島商業港一帯で開かれた。最終日には重さ約2トンの2基の太鼓台が向き合って競り合う「組み合わせ」があり、周囲を取り囲んだ見物客は迫力ある祭りを満喫した。主催は同祭り実行委員会(三輪修司実行委員長)。

◆127回の伝統、港町が熱く燃えた−多彩な催しでにぎわう

 「おぎおんさん」の名で親しまれる八坂神社の例大祭。明治22年の町制施行を記念して始まり、今年で127回目。期間中は「東若」「南若」2基の太鼓台の練り歩きや競り合いのほか、神輿(みこし)を乗せた漁船が海を渡って安全を祈願する海上渡御(とぎょ)、アジのつかみ取りなどもあり港町ならではの催しでにぎわった。

 組み合わせの後に行われた恒例の餅まきには、河野俊嗣県知事と十屋幸平市長が登場。細島港のポート・オブ・ザ・イヤー2015受賞を祝い、さらなる発展を誓った。

 今年はまた港湾業者もイベントに協力。訪れた家族連れは高所作業車の試乗体験、消波ブロックのミニチュア作り体験など楽しんでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top