【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

伝統の堅守、きっちり−聖心

本紙掲載日:2016-07-18
10面
【2回戦・聖心―都城高専】聖心は9回、オーバーランの二塁走者を黒木(左)から二塁手の渡辺につなぎタッチアウトにする
無四球、10奪三振で完投した聖心・柳田

第98回全国高校野球選手権宮崎大会・球音

◆無四球、無失策で突破

 聖心が伝統の堅守できっちりと初戦を突破。小田原斉監督は「バッテリーが低めに投げ、守りはやってきたことを出せた。打線は次、普段通りに打ってくれれば」。延期を繰り返し、さらに雨のため試合開始が1時間20分の遅れ。晴れて一気に暑くなる難しい条件の中、無四球、無失策で大会に入れたことを評価した。

 3番の是則を軸に打線のチーム。初戦は三回までに3点を奪った一方、フライアウトも多く、「それを意識しすぎてしまった」と小田原監督。本来のスイングができず、四回以降たたみかけられなかった。

 一方で、課題だった守りはほぼ100点の内容。先発の主戦柳田が「自分のリズムでテンポ良く投げられた」。追加点を取れなくなったその四回から七回まで三者凡退に抑え、流れを与えず。「本来は打たせて取る投球だが、いつもより気持ちが乗っていて、追い込んだら少し狙った」と2桁三振も記録した。

 終盤はやや疲れも出た様子だったが、八回は練習を繰り返してきたという二塁けん制でアウト。九回は、1死一塁から右前打を打たれたところで、右翼手・宮原倭大から三塁への低い返球を遊撃手の黒木汰致がカット。オーバーランした走者を二塁で刺し、隙のない守りで、芽を摘んだ。

 黒木は「投内連係をしっかり練習し、監督から常に言われている『走者を見ろ』ということを意識した結果。雄大が安定して投げ、守りもやってきたことが出せた。次もノーエラーで、打撃では決めていることを徹底していきたい」。柳田は「上に行くにつれ、相手は強くなる。気を引き締めてチーム一丸となって戦っていきたい」と、上だけを見て、笑顔は少なかった。


◇気合が入りすぎた−是則(主将。2点適時打)
「自分も含め気合が入りすぎて振りが大きかった。無失策、無四球は良かった。これからは打ち勝ちたい。あと2日、しっかり調整していきたい」


◇思い切りいった結果−請関(3安打の2年生)
「雄大さんが切り抜けてくれて、勝てて良かった。調子は上がってきていて、初戦だから思い切りいった結果。2年で5番を任されているので、先輩がつくってくれた好機を生かし、自分も好機をつくり、夏を制したい」

その他の記事/過去の記事
page-top