【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

いざという時どう対応

本紙掲載日:2016-07-16
3面
コンビニエンスストアでの強盗対策訓練(延岡市夏田町)

コンビニ店と強盗捜査訓練−延岡署

 延岡警察署(中川正純署長)はこのほど、延岡市夏田町のファミリーマート延岡桜ケ丘店で、同店と合同の強盗捜査訓練を実施。県北系列店の店長や従業員ら約30人も見学して、いざという時の対応を学んだ。

 店舗に入ってきた強盗役(延岡署員)が客を装ってたばこを注文、店員が背後の陳列棚を向いた瞬間に別の男が店内に押し入り、カウンターを越えて、店員を羽交い締めに。

 2人は拳銃や刃物のような物を突き付けながら「金を出せ」などと脅して店員にレジを開かせ、十数万円を奪って、駐車場に乗り付けた車で逃走した。

 この間、店員はわざと現金を数えるなどして時間を稼ぎ、警備会社に緊急通報したり、店外に異常を知らせる回転灯を点灯しながら、強盗の特徴を記憶。逃走車両のナンバー確認にも努めた。

 110番通報後には、強盗役が移動した一帯に店の買い物かごをかぶせて、証拠となる足跡などを保存。駆け付けた警備員は安全確認後に出入り口で監視、警察の鑑識班が床に残った足跡を採取して、見学者に示した。

 見学者は覚えている犯人の特徴をメモに記録。訓練後の反省会で、犯人役の署員は「帽子やサングラスなどは脱ぎ捨てられる。今回の場合で言うと、腕に着けていたオレンジ色のリングや腕の傷跡など、すぐに外したり消せない特徴を覚えていてほしかった」「たばこはわざと一番奥の銘柄を注文したが、その場合でも客に背を向けないよう心掛けてほしい」などとアドバイスした。

 市内から参加した従業員男性(30歳代)は、「普段からお客さまへの声掛けに努め、レジで保管する現金の限度額も決めています。実際に襲われたら頭が真っ白になりそうなので、きょうは最低限の心構えでも身に付けて帰りたいです」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top