【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本田康広さん地元で初個展

本紙掲載日:2016-07-15
7面
地元で初めて絵画展を開く本田康広さん

7月16日から18日まで−日向

◆空想世界をアクリル画で表現

 日向市原町の本田康広さん(33)の絵画展が、7月16日から同市細島の江川春枝ギャラリーである。18日まで。同市では初めての開催。

 本田さんは高校生の時から独学で絵を描き続けている。美術部や美術団体に所属したこともない。「独学でどこまでできるのか挑戦したい」との思いからだ。

 平成24年には日本最大級の公募展「国展」(国画会主催)の絵画部で入選を果たした。創作の時間を確保するため現在はアルバイトで働きながら絵と向き合っている。

 今回は「地元の身近な人たちに見てもらいたい」と企画。0〜100号までのアクリル画23点を展示する。コンセントが差し込まれたクジラを躍動感あふれるタッチで描いた「コントロール」や、鎖をまとったクジラが砂漠で飛び跳ねる姿を力強く描いた「fly」など、独自の空想の世界を表現している。

 「発想の面白さを楽しんでほしい。見てくれた人それぞれに解釈してもらえたら」と話している。

 景山美代子さん(日向市)のレジン作品、本田晶子さん(同)のワイヤアクセサリーも同時に展示する。

 入場無料。時間は午前10時〜午後5時。同ギャラリーは細島郵便局の2軒隣り。

その他の記事/過去の記事
page-top