【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

終戦で預かった証券など

本紙掲載日:2016-07-15
3面

引き取りを呼び掛け−細島税関支署

 門司税関細島税関支署(銅崎誠朗支署長)は、終戦後に海外から引き揚げてきた人から預かった通貨、証券の返還を行っており、関心の高まる終戦記念日を前に持ち主や遺族に引き取りを呼び掛けている。

 同支署によると、連合国軍総司令部(GHQ)は当時、インフレ防止のため一定額を超える所持金の持ち込みを制限。上陸地の税関や海運局が通貨や証券を一時的に預かっており、今でも引き取り手がなく保管されたままになっているという。

 返還の申し出は、本人以外にも家族であれば可。預けた人の名前と生年月日が必要。上陸地、上陸日、引き揚げ後の落ち着き先、引き揚げ時の家族名、保管証の有無、預託日、預託内容、終戦まで在住していた外地名も分かれば詳しく調べることができる。

 同税関では門司、博多、仙崎の各港で上陸した人たちの分を保管しているが、その他についても確認できる。問い合わせは同支署(電話日向56・1253)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top