【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高校野球話題−迫田さん、始球式に参加

本紙掲載日:2016-07-11
9面
子供たちとともに始球式に参加した迫田さん

元高校球児−スポーツキャスターとしても活躍

 スポーツキャスターなどとして活躍し、現在筋肉が衰える病気を患う延岡市富美山町の迫田訓光さん(41)が9日、宮崎市のKIRISHIMA木の花ドームであった第98回全国高校野球選手権宮崎大会開会式に登場。4人の子供たちとともに始球式を手伝った迫田さんは「(ボールが)こんなに重たかったかと思った。一球の重みを感じた」と話した。

 迫田さんは延岡市出身で、延岡商高では主将として第75回大会に出場。タレントs@ko(サコ)として活躍し、昨年12月まで4年間、UMKでスポーツキャスターも務めた。

 2年前に筋肉が徐々に衰えるALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症したが、昨年夏も後輩球児たちの熱戦を熱く伝えていた。

 現在は県内各地でトークショーを行いながら、延岡市で療養中。夏の大会を前に、旭小、旭中で2年先輩の小田原斉・聖心ウルスラ学園高監督を訪ねたことから、始球式に参加することになった。

 当時の「延商」のユニホームで参加した迫田さん。両親や4人の子供と一緒に登場すると、スタンドからは「頑張れ!サコちゃん」の声が飛んだ。

 始球式を行う小学生にボールを手渡した迫田さんは「一日一日、1分、1秒を大切にしてほしい」と後輩たちにエール。「今年は分からんね。日学も富島も延学も都城に勝てば行きそうだし。ウルスラもいいし鵬翔もいい」と大会を展望しながら「甲子園行きてぇなあ」と漏らしていた。

 昨年の夏、「最後かもしれんから(先輩の)小田原さんと甲子園に行けたら」とも話していた迫田さん。県高野連へ始球式への参加を提案した小田原さんは「一瞬でも球児に戻れるお手伝いができたなら良かった。一緒に甲子園に行ければ一番だし、これからも元気な姿でグラウンドに遊びに来てほしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top