【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ペットの保護や治療

本紙掲載日:2016-07-06
3面
延岡市防災会議・水防協議会(市消防本部)

延岡市の防災計画新たに追加

 延岡市防災会議・水防協議会(会長・首藤正治市長)は5日に市消防本部であり、新たに愛護動物対策などを盛り込んだ平成28年度市防災計画案を承認した。

 愛護動物対策は東日本大震災や熊本地震を教訓に、▽避難所への飼育場所設置▽獣医師会やボランティアなどと協力して負傷した愛護動物の収容・治療▽飼い主不明や飼育困難となったペットの一時保護や里親探し情報の提供―などに当たることとした。
 
 また、名称の変更として、緊急時用だった「避難場所」を「指定緊急避難場所」、長期避難用を「避難施設」から「指定避難所施設」とした。

 原子力災害時の屋内退避や一時移転については、文言をより具体化。観光客などの安全対策では外国人に対する防災教育・訓練を盛り込んだ。

 津波避難施設は、長浜地区のタワーが今月末、熊野江小学校屋上に向かう屋外階段が年度内に完成予定、二ツ島地区のタワーも建設工事を進め、新規の土々呂地区も施設整備の場所や構造について地元協議を開くことが報告された。

 宮崎地方気象台による地震災害についての講話もあり、渡辺剛地震津波防災官は、県内には直下型地震を引き起こす活断層が確認されていないことを報告。ただ、震度6クラスの地震は国内どこでも発生する可能性があり、プレート型地震では想定以上の津波が起こりうると指摘した。

 市防災会議・水防協議会は国・県・市をはじめ、交通、ライフライン、通信など幅広い機関の代表が委員を兼任。防災計画は年次会議や法改正などに伴って随時見直している。

その他の記事/過去の記事
page-top