【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成28年県内路線価

本紙掲載日:2016-07-01
1面
延岡税務署管内の最高となった延岡市中央通2丁目

宮崎市・横ばい、延岡市・下落傾向

◆延岡管内、最高は中央通2丁目

 熊本国税局は1日、相続税や贈与税の税額算定時の基本となる平成28年分県内路線価を発表した。延岡税務署管内の最高は22年連続の下落ながら同市中央通2丁目の6万5千円、全体は宮崎署管内の同市橘通西3丁目が23万円でトップだった。

 同7年から下がり続ける延岡市中央通2丁目は前年の6万7千円から2千円(3・0%)ダウン。宮崎市橘通西3丁目は23万円で8年ぶりに横ばいとなったものの、バブル最盛期の4年に記録した192万円の約8分の1まで落ち込んだ。

 残り4管内の最高路線価も都城署(同市牟田町=横ばいの6万1千円)▽日南署(同市岩崎3丁目=横ばいの3万8千円)▽小林署(同市本町=2千円下落の3万2千円)▽高鍋署(同町北高鍋=2千円下落の3万1千円)。宮崎署を含め3署で横ばいとなった。

 路線価はおおむね同一価格と認められる一連の土地について、面する路線ごとに評価した1平方メートル当たりの価格。毎年1月1日を評価時点に、国税局が相続税などの振興の便宜と課税の公平を目的に定める。2359地点(うち継続2354)を評価対象とした。今年は下落地点が半減して885地点、横ばいが倍増の1433地点、上昇は延岡市9地点を含む36地点となった。

 熊本国税局は「宮崎市は中心市街地活性化の取り組みが進むが、商況は依然厳しい。今後は景気回復の兆しが見られる経済動向を反映し、徐々に横ばい傾向に推移すると予測される。宮崎市以外は郊外部の大規模商業施設への顧客流出や地域経済の衰退を繁栄して、引き続き下落傾向を示している」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top