【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

支援事業22件を採択−市民まちづくり

本紙掲載日:2016-06-27
3面
首藤市長から通知書を受け取る団体代表者

延岡市通知書を交付

 延岡市は、今年度の市民まちづくり活動支援事業に22件を採択し、それぞれの実施団体に23日、補助決定通知書を交付した。

 内訳は、ボランティアやイベントなどのまちづくり活動19件、伝統文化活動1件、「祖母傾ユネスコエコパークエリアの自然保全と地域活性化」を今年度のテーマとした市民延joy推進活動2件。補助金の総額は741万9千円。

 事業は、合併後の一体感を醸成するため、平成19年度から市民主体のまちづくり活動や交流活動を支援している。

 市役所であった交付式には、採択された各団体の代表者らが出席。首藤正治市長が通知書を手渡した後、「市民協働のまちづくりのシンボル事業として大きな成果を挙げてほしい」と激励した。

 団体を代表し、ひむか食のネットワーク会議の新田範美会長が「採択された活動が一人でも多くの市民に波及することで、延岡市を大切にし、魅力ある町にしたいという意識が高まると思う」と述べた。

 採択された団体と補助額は次の通り。

【まちづくり活動】
コノハナロード市民応援隊50万円▽のべおかふる里応援団50万円▽NPO法人五ケ瀬川流域ネットワーク49万6千円▽HIJIRI50万円▽ひむか食のネットワーク会議50万円▽内藤とうがらし特産化推進会議50万円▽早日渡区50万円▽ひまわり会15万円▽NPO法人のべおか市民力市場30万円▽川遊び村実行委員会18万7千円▽亀井の丘町づくり実行委員会31万8千円▽稲田川を蘇らそう会21万3千円▽チーム延岡OX22万2千円▽記紀編さん1300年延岡実行委員会22万2千円▽塩浜いのこ祭り実行委員会33万3千円▽つなごう延岡・いわき支援プロジェクト実行委員会33万3千円▽クマノコーズ会12万2千円▽県北歌謡連合会10万円▽北川やっちみろ会20万円

【伝統文化活動】
櫛津区22万3千円

【市民延joy推進活動】
かわざか花物語実行委員会50万円▽北川河川清掃隊50万円

その他の記事/過去の記事
page-top