【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

聴障協にビブス寄贈

本紙掲載日:2016-06-23
3面
贈られたビブスを身に着けた会員たち。右から2人目は林田さん

緊急時、一目で分かる工夫

 延岡聴覚障害者(児)文化育成連絡会議(林田孝代表)は6月22日、延岡市聴覚障害者協会(白石勇二会長、31人)に災害時用ビブス(ベスト)35枚(9万8280円)を寄贈した。

 ビブスは、サッカーの試合などでチーム分けに使うメッシュ状のタンクトップ。蛍光イエローの布地に赤で「私は聴覚障がい者です情報を正しく教えて下さい」と印字した。聴覚障害は外見から分からないが、これを着ていれば一目瞭然。季節や体形を問わずに服の上から着られるのも利点。

 熊本地震の避難所で、現地の聴覚障害者団体の代表が用件を書いた紙を掲げて会員を探したり、避難物資支給のアナウンスが聞こえず困ったなどの話を聞いて、林田さんが発案した。

 同連絡会議は3月末で活動を休止。その残金で購入した。呼び出し装置の寄贈に続く第2弾。ビブスは会員一人一人に配布する。

 会員の吉高淳さん(71)=同市土々呂町=は「コンパクトに畳めるので、災害時に限らずいつも持ち歩いていれば、何かあった時に役立ちそうだ」と新たな活用法を提案。

 白石会長(42)は「これを身に着けることで、皆さんから温かい援助がもらえるようになればうれしい」と話した。

 林田さん(69)は「このビブスが全国に広まってほしい。呼び出し装置と組み合わせることで、聴覚障害者がより行動しやすくなるのではないか。第3弾では、全国で緊急時に障害者への伝達がどのように行われているかを調査して、新しい取り組みがあれば導入を検討したい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top