【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

来年3月めどに方針案−県

本紙掲載日:2016-06-17
3面

2巡目国体施設整備

 県は16日、平成38年に本県で開催予定の2巡目国体に向けた施設整備方針案を来年3月をめどに取りまとめる考えを明らかにした。改築が必要な県有施設を絞り込み、大規模施設については整備の場所や手法を検討。併せて、市町村や競技団体とも協議する。県議会総務政策常任委員会(二見康之委員長、8人)に報告した。

 KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園内の県有施設は、KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場や水泳場などほとんどが昭和46〜49年にかけて造られ、老朽化が目立つ。陸上競技場と水泳場は現在の国体施設基準に適合しておらず、加えて、一帯は南海トラフ巨大地震の津波浸水想定区域(2〜10メートル)に位置する。

 また、昭和54年国体時に体操や空手道、閉会式会場となったJR宮崎駅近くの県体育館も昭和43年建築で空調設備もなく、特に夏場の全国規模大会実施は困難な状況だ。

 施設整備方針はこうした課題を踏まえ、2巡目国体を無事開くために定める。稲用博美副知事を議長に、関係各部長らで構成の庁内検討会議でまずは県内スポーツ施設の現状を整理した上で、改築が必要な県有施設の絞り込みに入る。

 陸上競技場と水泳場、県体育館については業務委託し、整備場所や費用、事業手法を研究。市町村や各競技団体との協議または意見を聞く場も設ける。検討内容は12月をめどに中間まとめし、年度末に整備方針案として公表予定。

 県総合政策課は「機能性や利便性、安全性、経済性、さらにはスポーツランドを支える中核的施設としての将来活用などを見据え、しっかり検討したい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top