【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

尾根伝いに8基の風車

本紙掲載日:2016-06-06
1面
あいにくの空模様の中、五ケ瀬町、諸塚村から約85人が参加して行われた「中九州大仁田山風力発電所」の見学会(4日)
建設が進められている「中九州大仁田山風力発電所」(写真提供=ジャパン・リニューアブル・エナジー)

大仁田山風力発電所に見学会

◆8月に完成、9月本格稼働

 五ケ瀬町と諸塚村にまたがる大仁田山(標高1316メートル)で、県内最大規模の風力発電施設「中九州大仁田山風力発電所」の建設を進めているジャパン・リニューアブル・エナジー(竹内一弘社長、本社・東京都)は4日、現地で地元住民を対象にした見学会を開き、工事の進捗(しんちょく)状況を説明した。

 同社によると、同発電所は標高1200〜1300メートルの尾根伝いに、直径80メートルの羽根を含めた高さ118メートルの風車(出力2千キロワット)8基を建設する計画。平成26年10月に着工し、今年4月までに2基が完成。現在、試運転を行いながら残る6基の建設が進められている。

 同発電所は8月の完成、9月の本格稼働を予定している。稼働後の全8基の総出力は1万6千キロワット。年間発電量は約1万1千世帯分の4万メガワット時を見込み、そのすべてを九州電力に売電するという。この日の見学会は、大粒の雨と濃い霧が立ちこめるあいにくの空模様の中、両町村から約85人が参加。大型バス5台に分乗し、くねくねとした山道が続く国道503号の飯干峠を抜けて現地に到着すると、早速、建設途中の風車へ。工事を施工する業者の担当者から大型クレーンを使った風車の組み立て方などの説明を受けた。また、試運転中の風車も見学。風を切りながら回転する風車の様子を真下から見上げた。

 地権者の一人で、五ケ瀬町三ケ所の浄専寺住職寺本俊文さん(52)は「完成した風車を間近で見るのは初めて。風車の大きさ、回転するスピードの速さに驚いた。地元の参加者も多く、関心が高いことを実感した」と話していた。

 同社はさらに、同発電所南側の尾根伝いに「第二中九州大仁田風力発電所(仮称)」として出力2千〜3千キロワットの風車4〜7基の建設を計画しているという。

 同社は、太陽光発電や風力発電を主とした再生可能エネルギープロジェクトの開発、運営を行っており、現在、本州、四国、九州で太陽光発電所21カ所、風力発電所1カ所を稼働させている。

その他の記事/過去の記事
page-top