【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

創部4年目待望の瞬間−延岡学園

本紙掲載日:2016-06-03
9面
初優勝した延岡学園の選手たち

第43回県高校総体ハイライト−ソフトテニス男子

 「今までチーム全員で苦しいこと、つらいことを乗り越えての勝利」。待望の瞬間、延岡学園の主将鴫石祐樹は感極まって、コートにうずくまった。「応援、保護者、監督、小中学校時代の指導者。すべての支えてくれた人のおかげ。(勝因は)間違いなく総合力」と胸を張った。

 創部4年目で、今の3年生が実質1期生。鴫石、森治親ら3年生4人は西階中時代に全国3位の実績を持つ。県外の強豪からの誘いもあったが「鳥越(博之)監督は中学時代の県選抜のコーチで環境も一番」と、創部間もないチームに入った。

 森は振り返る。「1年の時は向かっていくだけだったが、2年になってプレッシャーが出て、大将としての仕事ができなかった」―。総体での頂点に届かない。

 鴫石は2年だった1年間、団体のメンバーに入れず、去年の総体はベンチで敗戦し、二重の悔しさを味わった。

 最後の総体。順調に勝ち、最終戦は過去25回の優勝を誇る伝統校の都城商との全勝対決になった。

 オーダーは「お互い逃げることなく、真っ向勝負」と鳥越監督。1番手は前日の個人戦決勝と同じ組み合わせのエース対決になる。

 前日、ストレート負けを喫した森と渡辺聖弥はまた、0―2とリードを許す。だが、仲間、監督から「今までやってきたことを出せば勝てる」と声が飛ぶ。「吹っ切って、ラケットを振るしかない」と森。強気のストローク、サーブを取り戻し、一気に逆転した。

 続いたのは鴫石・増田峻典。鴫石の絶妙な配球で相手を崩し、増田が決めるコンビネーションで競り合いを4―2。初めて団体でのインターハイ出場を決めた。

 鳥越監督は「夏の緊張感の中で力を出し切ってくれた。普段の学校生活から追い込んでできていたから、やってくれると信じていた」と賛辞を贈る。

 感謝の言葉を続けた鴫石は「サーブレシーブや精度の甘さがあり隙もあった。反省点はいっぱいある」。森は「全国選抜では打ち合うこともできなかった。行くからには勝つしかないから、ストロークでポイントの取り方をつくっていきたい」と初の舞台へ視線を上げた。

その他の記事/過去の記事
page-top