【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

亀井神社天神まつり

本紙掲載日:2016-06-03
7面
拝殿で行われた神事(5月29日)

延岡城内を見守り続けてきた歴史と文化の薫り豊かな丘で

◆〃学問の神様〃にちなみ「幕末大名夫人の知的な好奇心」語る

 延岡市天神小路の亀井神社(伊藤俊郁宮司)の「天神まつり」が5月29日に開かれ、城西大学経済学部准教授の神崎直美さんが講話「充真院(じゅうしんいん)と学問」を奉納した。藩主内藤政順夫人で文才・画才に優れた充真院の幅広い好奇心と学ぶ姿勢などについて話した。

 この日は朝から激しい雨の降る悪天候だったが約50人が訪れ、伊藤宮司らによる神事に参列、玉串を奉納した。

 その後、首藤正治市長があいさつ。進めている内藤記念館再整備に触れ、「亀井神社は江戸時代、延岡城内を見守り続けてきた歴史ある神社。当時の内藤御殿と亀井神社との関係性などをしっかり踏まえ、敷地がうまくつながるような工夫もぜひしていきたい」と述べた。

 延岡城主の有馬直純が約400年前に城内鎮守として菅原道真公を勧請、後に延岡藩主内藤家の家長公・元長公が祭られた亀井神社。隣接する内藤記念館は延岡藩主内藤家邸宅跡に建てられ、この一帯はかつて延岡城西の丸に位置した。

 地元の人たちは「亀井の丘」と名付けて「亀井の丘夢づくりの会」を結成、歴史と文化の薫り豊かな場所にしようと環境整備に取り組んでいる。

 同神社奉仕会と共に年3回の祭りを行い、郷土の歴史に親しむ機会づくりに研究者らを迎えての講話を重ねている。今回の神崎さんによる充真院についての講話の奉納もその一環。

 今回は、〃学問の神様〃といわれる菅原道真公にちなみ、江戸(東京)と延岡を2度往復し優れた紀行文を残した充真院が、どのように学問に向き合ったかを話した。

 神崎さん執筆の「幕末大名夫人の知的好奇心〜日向国延岡藩内藤充真院」は今年3月出版されたばかり。宮崎市を拠点に俳優・声優として活躍する池田知聡さんが著書の一部を朗読。また、講話の後に抽選で5人に著書を進呈するというユニークな講話となった。

その他の記事/過去の記事
page-top