【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

社務所建て替えで起工式−日向

本紙掲載日:2016-06-03
2面
五十猛神社社務所の起工式

今年9月末完成へ−五十猛神社

 老朽化のため建て替えられる日向市財光寺の五十猛神社(壹岐和史宮司)の社務所の起工式は2日、同所であった。参列した氏子総代会、地区役員、工事関係者などの代表者約30人は神前に玉串をささげ、工事の安全を祈願した。

 既存の社務所は昭和49年5月に改築されており、厄年の男衆によるひょっとこ踊りの練習や、新盆を迎える人の慰霊祭の場所として長年、地区公民館を持たない財光寺地区の住民に親しまれてきた。

 改築から42年を迎え、老朽化してきたことから建て替えを計画。新しい社務所は大広間、応接室、調理室、トイレ、冷暖房などを備えた木造平屋建て(床面積約200平方メートル)で、総工費は4千万円を見込んでいる。同神社の秋季例大祭に間に合うよう、今年9月末に完成する予定という。

 同神社社務所建設委員会の赤木紀元委員長は「財光寺地区は五十猛神社の秋季例大祭と、そのとき奉納されるひょっとこ踊りで団結していると言っても過言ではない。その拠点として、地域の交流の場として、この社務所の存在は大きい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top