【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“和菓子職人”甲斐哲見さんに感謝

本紙掲載日:2016-06-02
6面
あいさつをする甲斐さん。隣は妻さつ子さん
INTIライブのフィナーレで、来場者と一緒にステージに上がって踊る甲斐さん(右から2人目)

虎屋引退記念コンサート

 延岡市幸町の菓子店、虎屋(上田耕市社長)の前製造部長、甲斐哲見さん(66)の引退記念「感謝のコンサート」が5月28日、延岡総合文化センター小ホールであった。

 勤続43年。同店の代名詞的存在「破れ饅頭(まんじゅう)」をはじめ郷土の和菓子を作り続けた甲斐さんの退職を、社内だけでなく広く市民に祝ってもらおうと、同社がホールを借りて開催。従業員と家族、取引業者、同店のファン、一般の人ら大勢が訪れた。

 「和菓子の命は『あん』ですから」(上田社長)と出演を依頼したアンデス音楽ユニット「INTI」のライブに始まり、第2部が「感謝の夕べ」、第3部はシンガー・ソングライター井上清春さん(延岡市北方町出身)のライブ。

 「感謝の夕べ」では上田社長が「繁忙期には毎日深夜1時から1人黙々と仕込みをし、どんなに忙しくても飛び込み注文に『ハイOK!』と明るく応えてくれた」と甲斐さんの仕事ぶりを紹介し、最後は涙声で感謝状を贈呈。従業員でつくる「むつみ会」からも花束が贈られた。

 甲斐さんは、社長に制止されそうになるほど裏事情を交えながら、人生の大半を占めた同店の歴史を振り返り、「ここまで自分が踏ん張れたのは社長のおかげ。そして家族や今は亡き会長夫妻に支えられた」と感謝。元プロ野球長嶋茂雄さんの名せりふをもじって「虎屋は永遠に不滅です」と力強くあいさつを締めくくった。

 新製造部長の津田治さん(51)=6月1日就任=、興梠聖信さん(58)、三輪健二さん(54)ら次のリーダーの紹介もあった。

 甲斐さんは同市北方町下鹿川出身。昭和48年に入社、平成10年から工場長製造部長を務めた。来場者には甲斐さんらの作った和菓子がお土産に振る舞われた。

その他の記事/過去の記事
page-top