【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

自慢の「延岡茶」PR−延岡茶生産組合

本紙掲載日:2016-05-27
2面
新茶の香りや味を楽しむ首藤市長=左端=と(左から)工藤組合長、田邊副組合長、甲斐監事

一番茶セットを市長に贈呈

 延岡市内の茶生産者で組織する延岡茶生産組合(工藤若夫組合長、21戸)は26日、延岡市役所を訪れ、首藤正治市長に自慢の「延岡茶」を贈ってPRした。

 工藤組合長(65)=同市北浦町古江=と田邊啓三副組合長(68)=同市大瀬町=、甲斐正太郎監事(46)=同市北方町曽木荒谷=の役員3人がそろいの法被姿で訪問。

 工藤組合長は「今年は適度な雨に恵まれ霜の被害もなかったことから、収量も多く良質なお茶ができ、一番茶の相場も例年より良かった。ぜひ飲んでみてください」と述べ、一番茶による煎茶、釜炒(い)り茶、蒸し製玉緑茶のセット物を首藤市長へ贈呈した。

 3種類の茶を飲み比べ、新茶の風味や香りを楽しんだ首藤市長は「例年以上にきれいな仕上がりになっていますね。それぞれ特徴があっておいしいです。いいお茶がたくさんできて良かったです。ペットボトル茶の普及で若い人たちのお茶に対する関心が高まっており、急須でいれる習慣が復活するといいですね」などと話した。

 同組合は延岡市、旧北方町、旧北浦町の生産農家で構成。茶園は旧北浦町を中心にした約27ヘクタール。無霜地帯の同町地下地区が県内有数の早出し茶の産地として知られるほか、煎茶、釜炒り茶、蒸し製玉緑茶それぞれの製造を行っている。

 一行は同日、JA延岡を訪れ、白坂幸則組合長にもお茶を贈呈した。

その他の記事/過去の記事
page-top