【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北方町で野菜収穫体験

本紙掲載日:2016-05-17
4面
玉ネギを収穫する子どもたち
斧さんの指導でトマトの苗植えにも挑戦した

島野浦小、北方学園小児童が交流

 山あいにある延岡市北方町板下地区板ケ平集落に15日、同市の離島・島浦町の島野浦小児童が訪れ、野菜収穫などを通して地域の人たちや地元の北方学園小児童と交流した。

 同地区の農業斧康弘さん(46)が代表を務める地域の活性化グループ「三椪コネクトクラブ」が企画。昨年11月に総務省の「子ども農山漁村交流による地域活性化モデル事業」を活用して島野浦小の児童を招いており、今回の活動はそれがきっかけ。

 参加したのは、島野浦小の一部の児童や保護者、北方学園小4年生、地区住民ら約50人。板ケ平営農研修館で互いにあいさつを交わした両児童は早速、近くの斧さんの農園に出向き、玉ネギを収穫した。

 また、島野浦小の児童が前回の活動で植えた玉ネギも掘り起こした。こちらは成長が悪く、「小さくてかわいい」と子どもたち。斧さんは「小さかったのは肥料が少なかったから」と説明した。子どもたちはこの後、枝豆の種とトマトの苗を植えた。

 営農研修館に戻ると、収穫したばかりの玉ネギを焼きそばにするなどして試食、「おいしい」とその喜びを感じた。この頃には子どもたちも仲良くなっており、会話も弾んでいた。

 北方学園小の謀槻堝燹覆蕕福砲気鵑蓮屐陛臾遽詐児童と)将来の夢や趣味などについて話した。一緒に活動できて楽しかった」。島野浦小6年の佐藤翼さんは「普段聞こえてくるのは海の音だが、ここでは風の音などいつもと違う音が聞こえてきた」と新鮮さを感じていた。

 斧さんは「子どもたちがこういう活動を通して、地域の魅力を知り、そこでの生き方を学び、郷土愛を育んで、将来的に地元に残るという選択をしてくれたらうれしい。今後は企業などにも声掛けしながらこの事業を発展させ、地域の活性化と子どもたちのキャリア教育につなげていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top