【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

動き始めた「こども食堂」−延岡

本紙掲載日:2016-05-17
3面
会議室からあふれるほどの協力予定者が集まった「こども食堂」第1回準備会

夕食を一緒に食べようよ−増える〃1人で食べる子〃

 延岡市で「こども食堂」設立の動きが始まった。市内の女性2人が発起人となって、13日に同市桜小路の川中コミュニティセンターで開いた第1回準備会には予想以上に多い38人が市内外から参加。会議室から人があふれ、この問題に対する関心の高さをうかがわせた。

 「こども食堂」は、子どもに大勢で夕食を食べる時間を提供する活動。共働きや1人親家庭の増加に伴い、夕食を1人で食べる子どもが増えていることから、全国で取り組みが広がっている。

 「食材の調達なら協力できる」「料理やお菓子作りが好きなので…」「料理はできないけど…」「読み聞かせのボランティアができます」という人、九州内のこども食堂についての資料を持つ人、児童福祉、社会福祉関係者などさまざまな人が集まり、協力を申し出た。

 発起人の峰田知恵子さん(西階町)と松下次代さん(大貫町)は「とにかく一緒に食べましょう。おいしく、にぎやかに」というコンセプトと、食堂を設置する場所の候補地だけを示し「具体的な活動内容はみんなで決めていきたい」と話した。

 出席者は名前と連絡先、自分にできることなどを書いたメモを提出。このうち希望者で5月中に候補地を見に行き、6月3日午後6時30分から市男女共同参画センター(川中コミュニティセンター2階)で第2回準備会を開くことを決めた。

その他の記事/過去の記事
page-top