【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

連載−高千穂郷・椎葉山地域−未来へつなぐ農業遺産(3)

本紙掲載日:2016-05-13
1面
地元出身者が帰省して舞う栂尾神楽(椎葉村役場提供)

深刻な後継者不足、一方で若い世代、出身者の協力も

◆椎葉村椎葉神楽

 日の暮れた山里に笛太鼓や鈴のはやしが響き渡る−−。年末の椎葉村。しめ縄で囲った「御神屋」(みこうや)では、1年を締めくくる椎葉神楽が奉納されていた。

 夜通し舞われる33番の演目には、イノシシやシカの奉納、アワや大豆などの雑穀を用いた場面が多く登場する。狩猟や焼き畑の要素を色濃く表した構成は、山での生活を後世に伝える文化史でもある。

 村内26地区に伝わり、毎年11月中旬〜12月下旬に奉納されることから「冬まつり」「年まつり」とも呼ばれる。国の重要無形民俗文化財にも指定される文化遺産だが、後継者不足の問題は年々深刻さを増している。

 昨年神楽を奉納したのは16地区。夜神楽は10地区にとどまった。椎葉民俗芸能博物館によると、集落で不幸があって昼神楽に切り替えたり、舞い手の高齢化で時間を短くした地区があったという。

 苦労して神楽の灯をつないでいる地区が多い中、若い世代が育ちつつあるのは不土野地区の尾前神楽。21人でつくる保存会の中心メンバーは、高校や大学卒業後に帰郷した20〜40歳代の若者。尾前秀久会長(60)は「躍動感や強弱のある舞いが多く、足腰が弱くなるとつらい。若い力に本当に助けられている」と感謝する。

 尾前地区は焼き畑の残る向山を合わせて「尾向地区」とも呼ばれ、公民館活動を共にするなど交流が盛ん。尾前会長は「焼き畑も神楽も地域の協力なしではできない。お互いに助け合おうという考えが当たり前にあり、跡取りも約束ごとのように椎葉に帰ってくる」という。

 一方、出身者が神楽の時期だけ県内外から駆け付け、毎年欠かさず奉納している地区もある。大河内地区の栂尾(つがお)神楽だ。

 19人の保存会員のうち、12人は日向市、宮崎市などの県内や関東などに在住。県内会員は11月の毎週水曜日に日向市、土曜日は地元に帰って稽古する。関東の会員は本番1週間前に帰省。4人の舞い手の動きが乱れないよう何度も繰り返し練習するという。

 栂尾神楽保存会の黒木照美会長(61)は、「地元出身者の人たちがいなかったら神楽を縮小せざるを得なかっただろう」と話し、「神楽を存続していくには、同じように出身者への働き掛けが必要になる」と強調する。

 世界農業遺産の認定によって「いろんな人たちに意識してもらえるようになり、みんな誇りに感じている」と尾前保存会の尾前会長。栂尾保存会の黒木会長は「これからも伝統をしっかり守っていきたい」と力強く話した。

その他の記事/過去の記事
page-top