【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夏鳥来たり探鳥会−延岡

本紙掲載日:2016-05-10
3面
樹林に響く野鳥の鳴き声に耳を澄ます参加者

行縢山を散策−日本野鳥の会県支部

 愛鳥週間(10〜16日)にちなむ探鳥会が8日、延岡市の行縢山であった。主催した日本野鳥の会県支部の会員ら23人が参加、樹林から降るような野鳥のさえずりを楽しんだ。

 くもり空から時折薄日が差す中、参加者は新緑に彩られた登山道をゆっくりと散策し、双眼鏡を使って野鳥の姿を探した。

 初めて参加した伊形小5年の甲斐穂乃香さんは「鳥はかわいいし、声もきれい。エナガを見たい」と話し、時折立ち止まっては遠くから聞こえる声に耳を澄ませた。

 野鳥の会の永田敏治さん(65)によると、この日は「ツキ(月)ヒー(日)ホシ(星)ホイホイホイ」と聞きなすサンコウチョウやオオルリ、キビタキなどの夏鳥を含む13種類の声を確認したが、毎年渡来するアカショウビンの声は聞かれなかったという。

 カシ、シイ、ブナなどの天然林が広がる行縢山は102種類が確認されている野鳥の宝庫。繁殖期にあたる来月にかけて1年で最もにぎやかな季節となる。

その他の記事/過去の記事
page-top