【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

バイオリニスト古澤巌さんにインタビュー(上)

本紙掲載日:2016-05-09
7面
インタビューに応える古澤巌さん(3月28日、日向市のベルフォート日向)
美々津小学校田の原分校で毎年開かれているミュージックキャンプのレッスン風景(昨年8月)

日向市への思い人との出会い

◆一人の音楽家として自分なりの種まきをしたい

 日向市と長年交流し、美々津小学校田の原分校でのミュージックキャンプ、大御神社でのコンサートなど地域に根差した音楽活動を続けているバイオリニスト古澤巌さん。8月11日には雅楽師の東儀秀樹さん、アコーディニストのcobaさんとのユニット「TFC55」による日向公演を行う。これまでの歩み、日向市への思いなどを聞いた。

−−日向市とのご縁は22年前、障害のある子どもたちのために日向市文化交流センターで開かれた「にじいろ音楽会」への参加でしたね。

 そうです。第2回から10回まで参加させてもらいました。当時は僕の人生の中で一番公演をやっていた時代で、そんな中、にじいろ音楽会の関係者と出会い、にじいろ音楽会を中心に、大人向けの公演を育てさせてもらいました。

 子どもだけではなく、生の音楽を聞いたことのない、ホールに入ったこともない人たちのために、せっかくだったら大人も楽しめるエンターテインメントの拠点をまちの中につくりたいという思いを持っていました。

 昼は障害のある子どもたち向け、夜は大人向けという形で続けさせてもらいました。地元の人たちに「古澤巌の会」を立ち上げていただき、現在の和田徹也会長は3代目。今も応援していただいています。

 そうやってお世話になりながら、今年3月10日にタイフーンカルテットの公演、8月11日にはTFC55の公演と、こうやってまちの中で公演できるようになったことは僕にとって夢のようなことなのです。

−−「にじいろ音楽会」の後、どのようなきっかけで再び縁をつなぐことになったのでしょうか。

 今から6年前の公演です。それもこれも日向市文化交流センターという窓口があったから。もっと言えば、そこに太田光一郎さんという職員がいたからです。

 なぜだか分かりませんが、このまちは文化的な土壌と活気にあふれています。それは、僕たちみたいなよそ者のせいではなく、まちの中に太田さんのような人がいたからではないでしょうか。

 僕は自分からアンテナを張って人とつながっていくタイプでも、何かを求めて動くタイプでもありませんでした。だけど、ここには、たまたま太田さんという人がいて、太田さんにその職務を与え続けているまちがあった。だから僕は今、22年前のあの頃とはずいぶん違う感覚を、このまちに持っています。

−−「違う感覚」とは具体的にどういうことでしょうか。

 あの頃、僕はあくまでプロの音楽家として来ていただけでした。まちの人たちのことは全然知りませんでした。それが6年前の公演をきっかけに、石神山の巨石群を見せてもらったり、大御神社に連れて行ってもらったり、へべすの生産者に会わせてもらったりと、太田さんと一緒に歩いていると、まちの人に出会い、あいさつをさせていただき、ついでに写真まで撮ってもらい…ということを繰り返していった結果、日向というまちの印象が変わったんですね。

 そして自然と、この地域に対して、一人の音楽家として自分なりに種まきをしていきたい、という気持ちになっていきました。

−−ご自身の気持ちが変化してきたということでしょうか。

 僕ら音楽家は、それなりの地位と名誉と、ある程度の実力を身に付ければ、どこに行ったって公演ができそうだと思われています。だけど、ほかのまちに行ったって本当は何にもできないのです。そのまちを愛し、まちのことを知り、興味と好奇心を持って、まちの中で動いている人がいてこその僕たちなのです。

 それまでの僕は、まちというコミュニティーにおける一人の音楽家としての在り方なんて考えたこともありませんでした。日向での人との出会いによって、そのチャンスをもらいました。

 今でこそ僕は一人で全国を回り、日向の大御神社をはじめ各地の神社仏閣を巡って音楽をささげているわけですが、23年前のあの頃とは全く逆の行動をしていることになります。このまちも僕も、それなりに時がたち、変わっていったということかもしれません。

−−美々津小学校田の原分校でのミュージックキャンプや大御神社でのコンサートなど、地元に根差した音楽活動にも積極的に取り組まれています。

 田の原分校でのミュージックキャンプも大御神社でのコンサートも、今年で5年目を迎えます。もともと僕は神話などに興味を持っていて、田の原地区の巨石群や大御神社の龍神伝説に、たまたま引き寄せられたわけです。

 そういう意味で日向は僕にとってファンタジーの王国。これだけ日向を楽しめるようになってきたので、きっと僕はどこの地域に行っても楽しみを見つけられると思います。

 ちなみに、3月10日に日向市中央公民館であったタイフーンカルテットの公演のとき、あのレディ・ヘベが、あの格好のまま普通に客席に座っていました。

 繰り返しますが、僕の中で、この日向はファンタジーの王国。レディ・ヘベはディズニーランドでいうところのミニーマウスです。それが会場でも自然な感じで受け入れられていて、改めて日向はすてきだなと思いました。

【プロフィル】
桐朋学園を首席で卒業後、フィラデルフィア・カーティス音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院などで、ミルシテイン、ヴェーグ、ギトリスらに師事。日本音楽コンクール第1位。ヨーヨー・マやステファン・グラッペリなどの世界的なアーティストとも共演し、世界のさまざまな舞台で活躍。2007年度「ベストドレッサー賞」受賞。11年、NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」に古田織部役で出演。13年にはフィギュアスケートの鈴木明子選手に曲「愛の讃歌」を提供。今年3月には伝説のバンド「タイフーン」と全国ツアーを行い、日向市でも公演。4月にはアルバム第3弾「CANTATA!」を発売した。東京都出身、56歳。


大御神社で毎年行われている野外コンサート(昨年10月)
その他の記事/過去の記事
page-top